「解禁日」に飲めないボジョレー・ヌーボー!?クリスマスに乾杯!!!

      2016/07/21

ワイン

ボジョレー・ヌーボーの「解禁日」を世界で一番最初に迎えるのは、日本なんです。

時差の関係なんですけど、日本は世界一速くボジョレー・ヌーボーが飲める国なんですね。

しかし、日本では決して「解禁日」に飲めないボジョレー・ヌーボーがあるのはご存知ですか?

 

スポンサーリンク

クリスマスに飲む「ボジョレー・ヌーボー」

 

「解禁日」には飲めないボジョレー・ヌーボー。

その正体は、実は船便で届くボジョレー・ヌーボーのことなんです。

 

日本はボジョレー・ヌーボー購買数世界一位

解禁日」に各店に並ぶように、例外的に事前に空輸されます。

 

しかし、酒類などは通常は船便で輸入されます。

これには、特に輸送コストが関係してます。

重くて大量だと、船便の方が安いからです。

 

船便は時間がかかります。

新酒ができて、解禁日までに日本全国の酒屋さんに並べるには、とても間に合いません。

なので、空輸されます。

 

船便の場合、早くて12月半ばに日本で販売されます。

ちょうど、クリスマスのころですね。

クリスマスにボジョレー・ヌーボーで乾杯なんてのも、ロマンチックでいいかもしれません^^

 

船便だと美味しくなる?

貨物船

船便の方が、まろやかで美味しいと言う人がいます。

 

確かに、ワインはボジョレー以外ほぼ船便で輸入されます。

コスト削減もありますが、空輸だと気圧の変化でアルコールに影響がでる可能性があるからです。

 

・一定の温度での保存状態における

・船の方が揺れが少なく、安定して運べる

船便がうまい理由は、この2点が原因ではないかと考えられます。

 

しかし、それ以外に船便が美味しいといわれる理由があります。

船便だと赤道を通るので、熱でワインが美味しくなるというのです。

100年ほど昔には、わざわざ船で赤道付近を1か月近く航海して販売していたという話もあります。

 

ただ、温度管理はお酒の味を左右する大事な要素です。

へたに熱を加えると劣化しますので、加減が難しいです。

(余談ですが、とくに日本酒は熱が大敵です。古酒になるまで管理するのは素人にはかなり難しいです。)

 

まあ、一番売れる「解禁日」ではなく、船便で1か月も遅れて輸入されるボジョレー・ヌーボーには、こだわる理由があるってことですね。

(味とか、値段とか)

 

「解禁日」に1本、船便で1本予約して飲み比べてみるのも面白いかもしれませんね。

あと、クリスマスの頃に売ってたからって、船便で届いたボジョレーとは限りませんので

(売れ残りの可能性も大きいですからね。)

 

船便のボジョレーを事前に調べるか、予約しておくことをおすすめします。

ボジョレー、船便で検索するといろいろ出てきますので。

昨年は気づかなかった1本に出会えるかもしれませんよ。

 

ボジョレーに合うおすすめケーキ

ケーキ ベリータルト

クリスマスにボジョレー飲むなら、ケーキも合わせたいですよね。

そこで、ボジョレーに合うケーキを(個人的に)考えてみました。

 

①ベリー系タルト

ボジョレーは軽い飲み口のワインですから、同じく軽く酸味の感じるイチゴやブルーベリーを使ったタルトがおすすめです。

キイチゴもいいですね。できれば、フレッシュがいいでしょう。

生クリームよりカスタードの方が、ワインには合うと思います。

 

②やっぱりチーズケーキ

カマンベールなどクリーミーな味わいのチーズケーキがおすすめです。

レアでもベイクドでもいいんですが、個人的にはレアがいいかと思います。

軽くサッパリと食べられる方で。

あと、クリスマスですから華やかなデコレーションがあるものがいいですよね。

 

他にも、レモンやオレンジなど

酸味がある果物を使ったケーキがおすすめですよ。

 

次のおすすめ記事

→ ボジョレー・ヌーボーは日本が救った!?歴史と種類、「解禁日」がある理由!

→ マルスウィスキーってどんなお酒?工場見学行くならいつがいい?

→ 「純米」「大吟醸」違いは?お酒の種類これだけ知っておこう!

 

 - フード・グルメ , , ,