「ヨウシュヤマゴボウ」は有毒植物!「山ごぼう」は「モリアザミ」のこと!

   

食中毒というのは、何も細菌によるものだけではないですね。

食品自体がもつ毒で、食中毒を起こすケースが多いです。

中でも、「ニラ」と「水仙の葉」を間違えたり、

「しどけ」と「トリカブト」を間違えたり。

「ヨウシュヤマゴボウ」も、根を「モリアザミ」と間違えたり、

実を「ヤマブドウ」と間違えやすい有毒植物です。

 

スポンサーリンク

ヨウシュヤマゴボウとは?

 

ヨウシュヤマゴボウは、ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草。

別名、アメリカヤマゴボウ。

 

名前の通り、アメリカ原産。

日本には、明治時代に入ってきました。

今では日本全国で雑草のように、普通にどこにでも生えている植物です。

 

高さは2mと大きくなります。

根が太くて、長く、ゴボウとか高麗人参っぽいです。

夏の時期にヤマブドウによく似た、黒紫の実をつけます。

色素が強く、服に着くと落ちません。

アメリカではインクベリーと呼ばれています。

ヨウシュヤマゴボウ

ヨウシュヤマゴボウの花

 

ヨウシュヤマゴボウ

ヨウシュヤマゴボウの実

 

毒性があり、実食べられません。

特に根が一番毒性が強いです。

食べると、嘔吐、下痢、けいれんなどの中毒症状が起きます。

 

漬物「山ごぼう」は、「モリアザミ」の根!

よく、道の駅やお土産屋さんで、真空パックになった「山ごぼう漬け」が売っていますね。

あれは、山ゴボウでなく「モリアザミ」の根です。

もしくは、細い普通のゴボウです。

 

「ヤマゴボウ」という植物もちゃんとあるのですが、こいつも有毒。

ただ、漢方では下剤として使用することもあります。

毒は、使い方によって薬になるのです。逆もまた然り。

 

普通にお店で有毒の「ヤマゴボウ」「ヨウシュヤマゴボウ」が売られることは、まず無いので安心ですね。

自分で採ってきて食べる場合は、気を付けましょう。

どんなにベテランでも、間違うこともあります。

知り合いの山菜採りしている農家さんの家でも、ニラと水仙の葉を間違えたことがあるくらいですから。

 

食べて、なんか変だと感じたら直ぐに吐き出し、水でうがい。

病院にいくのがいいでしょうね。

 

こちらもおススメ

→ 魚が原因!食中毒「シガテラ」とは?熱帯の魚は小さいほど良い!?

→ 高濃度ヒスタミンとは?食中毒になる理由!

→ 貝毒の症状!潮干狩りシーズン、アサリに注意!!

 

 - フード・グルメ