卵酒は風邪薬と一緒に摂ると効果なし!?正しい作り方・飲み方!

   

出典:http://omunew.info/%E5%81%A5%E5%BA%B7/%E6%98%94%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%82%E3%82%8B%E9%A2%A8%E9%82%AA%E3%81%AE%E6%B0%91%E9%96%93%E7%99%82%E6%B3%95%E3%80%81%E5%8D%B5%E9%85%92%EF%BC%81%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E5%8A%B9%E3%81%8F%E3%81%AE/

「風邪には卵酒を飲むといいよ。」

これは日本人なら誰もが耳にする、有名な民間療法。

ですが、なぜ卵酒が風邪に効くのか?

そのメカニズムを知らないと、思わぬリスクに陥ることも。

卵酒が風邪に効く根拠と、効果を発揮する方法をご紹介します。

(トップ画像:http://omunew.info/)

 

スポンサーリンク

卵酒はなぜ風邪に効くのか?

風邪の引き始めに有効な卵酒。

卵酒が風邪に効くのは、日本酒と卵の栄養成分が、症状を緩和し回復力を高めてくれるからです。

日本酒の成分は、水・アルコール・糖分・アミノ酸。

卵はビタミンC以外の全ての栄養が詰まっている、完全栄養食とまで言われていいます。

 

つまり、卵酒が風邪に効くのは、以下の根拠がきちんとあるんですね。

・発熱で失った水分補給

・アルコールにより身体を温める効果

・アルコールが睡眠を促す

・糖分・アミノ酸がウイルスと闘うのに必要

・卵による滋養強壮

 

あと、卵白には塩化リゾチームという、市販の風邪薬にも配合されている成分が含まれています。

 

とはいえ、症状がひどくなった風邪には薬ほどの効能は期待できません。

むしろ、風邪薬と併用すると危険です。

あくまで、風邪の引き始めに、自己回復力を強化するために飲むのが卵酒なのです。

 

 

卵酒を風邪薬と併用してはいけない理由

風邪薬を飲んでいる時に、卵酒を飲んではいけない理由は、ひとえにアルコールにあります。

アルコールを摂取すると、中性神経抑制作用が増強します。

そんな状態で薬を服用すると、通常より薬の効果が強く出る、もしくは全く効果が無い状態になる可能性が強いです。

これは、体質によっても違うのですが、基本的にお酒と薬の併用は危険ですのでやめましょう。

 

アルコールが完全に体から抜けるのに、4~5時間かかると言われています。

これは、正確なものではなく、その人の体質・体調・摂取量にかなり左右されます。

半日以上抜けない、なんてこともざらにあるので、やはり薬を服用している場合はアルコールを控えた方が賢明です。

 

「でも、卵酒を作る際、加熱してアルコール分を飛ばすから大丈夫じゃない?」

 

確かに、卵酒を作るときに日本酒を加熱しますので、ある程度アルコールは飛びます。

が、完全にアルコールを飛ばしているとは言い難いです。

そもそも、完全に飛ばしてしまったら卵酒の効果も減ってしまいます。

アルコールを飛ばすとは、一般的にアルコール臭が感じられないくらいまでアルコールを蒸発させることを言います。

アルコールと水は親和性が高いので、沸騰させたところで100%アルコールが消えたとは考えにくいです。

それに、卵酒を作るのにボコボコ何分間も日本酒を沸騰させることは、普通にないですからね。

 

よって、卵酒はあくまで風邪の引き始めに飲む。

症状がひどく、風邪薬を飲むような場合は、卵酒は飲まない方がいいでしょう。

 

卵酒の作り方と、アルコール無しの卵酒レシピ

昔は卵酒といえば、日本酒と卵と少しの砂糖が定番でした。

でも、今は子供やお酒が苦手な人でも飲める、お酒を使わない卵酒レシピなんてのもあります。

お好みに合わせて、作ってみてください。

 

普通の卵酒の作り方

 

【材料】

・日本酒・・・180cc

・卵・・・・・1個

・砂糖・・・・お好みで

 

【作り方】

①日本酒を火にかけ、アルコールを飛ばします。

②卵を溶き、お好みで砂糖を加えよく混ぜます。

③溶き卵をかき混ぜながら、①の熱い日本酒を少しずつ加えます。

これで、完成。

簡単ですね。

お好みで砂糖の代わりにハチミツやキビ砂糖を使ったり、ショウガの絞り汁を足しても美味しいです。

ふわトロの卵酒で、身体の芯から温まりますよ。

 

アルコール無しのミルク卵酒の作り方

 

【材料】

・牛乳・・・・・100cc

・卵・・・・・・1個

・砂糖・・・・・お好みで

・日本酒・・・・大さじ1杯

 

【作り方】

①日本酒を加熱して、アルコールを飛ばします。

②卵を鍋に割り、溶きほぐします。

③溶き卵に砂糖を加え、よく混ぜ、牛乳を加えます。

④弱火にかけ、泡だて器で混ぜながら温めます。

⑤固まってきたら、日本酒を加え、トロトロになるまで加熱します。

簡単ですね。

ホットミルクに卵を加えたって感じです。

牛乳はリラックス効果があるので、やはり眠りにつきやすくしてくれ、おススメです。

 

似たようなものに、エッグノッグという、ヨーロッパや北米の飲み物があります。

牛乳ベースに溶き卵・クリーム・砂糖・シナモンなどを加えて作った、甘いドリンクです。

スコッチやブランデーなどを加えて、カクテルにすることもあります。

 

卵酒に似たものは、海外にもあるんですね。

それこそ、身体に効くと言う根拠になるんではないでしょうか。

冬に是非一度、作って飲んでみたいです(^^)

 

 - 健康・医療 ,