自宅で簡単!siroca(シロカ)全自動コーヒーメーカーが便利そう!

      2016/06/04

コーヒー

自宅でホッと一息入れたい時とか、

お客さんが来た時とか、

コーヒー飲みたい時に、

 

コンビニとかドリンクバーにある、コーヒーサーバーあれば便利だな~と思ってたんです。

今って、家庭用で全自動で豆を挽くところからやってくれる、コーヒーメーカーが、手頃なお値段であるんですね。

 

スポンサーリンク

siroca crossline 全自動コーヒーメーカーとは?

コーヒー好きでも、そうでなくても!

昨今のコーヒーブームのお陰でコーヒー豆はいろんな種類が簡単に手に入るようになりました。

 

どうせなら、豆から挽いてコーヒーを楽しみたい!

けど、実際にミル買っても面倒で長続きしないんですよね。

家にも手挽きのミルがありますが・・・

 

で、いいなと思ったのが

全自動で豆から挽いて入れてくれるコーヒーメーカー。

シロカ(siroca crossline)全自動コーヒーメーカー

見た目もコンパクトで、スペース取らなさそう。

ミル内蔵だから、コーヒー豆を買ってくればOK。

ボタンひとつで、いつでも挽きたてのドリップコーヒーが飲めます。

 

メッシュフィルター付いているので、紙フィルター買う必要もないし。

 

フィルターもまるごと取り出して水洗いできるので、手入れも簡単そう。(重要!)

 

粉にも対応しているので、今残ってるコーヒーは無駄にならないし。

何より、キッチンにあればチョット素敵な感じ。

 

お値段は、メーカー希望価格15,000円(税抜) ですが、アマゾンで9000円台で売っていました。

コーヒーメーカーとしては高いけど、自宅にコーヒーサーバーつくと思えば・・・。

 

サーバーはステンレスとガラスの2種類あります。

 

ステンレスのほうが未来的でカッコイイし、落としても大丈夫!

ただ、自宅のキッチンを考えるとガラスかな~。

中身も見えるし。

 

「siroca crossline」というメーカーって?

家電を買う時に気になるのは製造元。

「siroca crossline」って聞きなれないですが、日本の会社なんでしょうか?

 

調べたら、株式会社オークセールという会社の中の、一ブランドでした。

 

オークセールは、商品の企画販売を行っている日本の会社。

自社工場を持たず、製造は台湾や中国で作ってもらい、自社ブランドでプロモートしている形態です。

 

ということは、規格基準は日本の会社ですが、製造はメイド・イン・チャイナとかなわけですね。

 

大丈夫かな~と思い、評判を調べたところ、全自動コーヒーメーカーは発売したばかりの新商品で概ね良好な口コミばかりでアテになりませんでした。

 

ので、この会社の他の商品の評価を調べたところ

・価格の割に妥当。

・メンテナンス性はそこそこ。

・操作性は良い。

・サポートは対応してもらえなかったとのコメントもあり。

と、総合評価では5段階のといった感じのようです。

 

まあ、業務用で有名なデロンギの全自動コーヒーメーカーなら、5万円以上は当たり前ですからね。

値段を考えれば、評価は高いですね。

 

こんなの普及したら、喫茶店とかカフェは、自宅がライバル店になっちゃうんじゃないでしょうか?

ブルーボトルとか、新しいスタイルも進出してきて、コーヒー戦国時代なんて言われるかもしれませんね(笑)

 

こちらもおススメ

→ カペ・アラミド?コピ・ルアク?世界一高いコーヒーはどっち?驚愕の正体は・・・

→ コーヒーで血栓予防!インスタントでもOK!さよならドロドロ血液

→ モリンガとは?効能と副作用を知って正しく摂りたいスーパーフード!

 

 - ライフハック , ,