ホワイトデーお返しで意味が変わる!?マシュマロ・キャンデー・クッキーどれを贈るべき?

      2016/06/04

ホワイトデーのお返しといえば、マシュマロ、キャンデー、クッキーが定番ですね。

でも、どれをあげるかによってそれぞれ意味が違ってきますので要注意!

女子は知ってるって人、多いでしょうけど、男性は意外と知らないんですよね。

 

スポンサーリンク

ホワイトデー、お返しの意味って?

バレンタインデーに義理チョコをもらったら、同じくお菓子でお返しと考える方、多いと思います。

女性は甘いもの好きですし、消費できるものは、もらう側も困らないですからね。

 

では、ホワイトデー特設コーナーで定番の

マシュマロキャンデークッキー

それぞれが持つ、贈る意味ってご存知でしょうか?

 

実は、バレンタインデーに告白された場合、ホワイトデーに何を返すかが、告白へのアンサーになっているんです。

 

マシュマロ・・・「嫌い。」

「あなたの気持ちを柔らかく包み込んでお返しします。」

という意味があり、好きではないです。→嫌い。になるそうです。

彼女がマシュマロ好きでもうっかり贈れないですね(^^;)

 

キャンデー・・・「好きです。」

 

もともとホワイトデーを始めたのが全国飴菓子工業協同組合である為か、キャンデーが、「好きです」のハッピーエンド用アンサーです。

 

クッキー・・・「友達でいましょう。」

 

好きでも嫌いでもない、無難な返事がクッキー。

「ドライな関係でいよう。」という意味だそうです。

しっとり系クッキーだったら、どうなるんでしょう(^^:)

 

マカロン・・・「特別な人。」

 

(ヴェ○タースオリジナル?(笑))

これは、最近でしょうね。

もともとそういう意味合いを持つお菓子だそうです。

確かに、マカロンは特別感ありますからね。

 

ちなみに、ホワイトデーを祝うのは日本の他は、韓国、台湾、中国の一部といった東アジア圏。

贈り物にはお返しという習慣があるからでしょうか?

 

お隣、韓国はこういったイベントや記念日系が大好き。

ホワイトデーの後にも、

ブラックデーイエローデーキスデーシルバーデーグリーンデーフォトデーワインデーオレンジデーハグデーと続きます。

韓国人カップルは忙しいですね。

 

あと最近は台湾で、日本風にバレンタインに女性がチョコを渡す、といった習慣も広まりつつあるようですね。

(大抵の国は男性から女性に、もしくは互いに贈り物を贈る。)

 

各国の国民性が記念日に表れてて、面白いです。

 

こちらもおススメ

→ 7月20日は「ともだちの日」!由来は?何をする日なのか?

→ クリスマスプレゼント、それ贈っても大丈夫?ギフトに隠されてた意味とは?

→ ボジョレー・ヌーボーは日本が救った!?歴史と種類、「解禁日」がある理由!

 

 - 季節のイベント , ,