バーミキュラ鍋の無水カレーが旨い!贈り物にも最適の日本製ホーロー鍋!

      2016/02/06

ホーロー鍋といえば、やっぱりル・クルーゼが真っ先に浮かびます。

料理好きなら、欲しい調理器具メーカーの一つですよね。

しかし、ル・クルーゼにも勝る素晴らしいホーロー鍋が、日本にもあるんです。

スポンサーリンク

バーミキュラ鍋は安心の日本製

vermicular

出典:http://www.vermicular.jp/

バーミキュラ鍋は、ホーロー鍋です。

ホーローっていうのは、簡単にいえば

鉄やアルミニウムの表面をガラス質で覆った容器です。

ジャムや煮物を作るのに向いています。

 

フランスのル・クルーゼが有名ですよね(^^)

 

見た目がとっても可愛らしい、キュートなオシャレキッチン器具です。

もちろん、ホーローが剥げにくく、長持ちする、いい調理器具でもあります。

 

しかし最近、話題沸騰で入手困難なメイド・イン・ジャパンのホーロー鍋が存在します!

バーミキュラ鍋

(ホーロー鍋の有名メーカーはストウブ、シャスールなど。

ぜーんぶフランスのメーカーさんです。)

 

バーミキュラ鍋は、愛知ドビー株式会社が作っています。

もともと、鋳造メーカーの老舗で、船のクレーンなどのパーツを作る下請けの町工場でした。

 

しかし、2007年のリーマン・ショックを受け、下請け一本ではマズイと思ったそうです。

そこで、高い技術力を武器に活かして、【世界最高の製品】を開発しようと考えたんだとか。

新たに投資して新規事業を立ち上げるのは難しいから、既存の設備でできることを考えた結果が鍋だったんですって。

 

ダッチオーブンに代表されるように、鋳物は調理器具に適しています。

ですが、参入事業が違いすぎて、最初は、本当に鋳物で美味しく調理ができるのか?疑問に思ったそうです。当たり前ですよね。

そこで、海外有名メーカーのホーロー鍋を実際に購入し、料理してみたところ素材の持つうま味を感じました。

 

それで、「世界一美味しくできる鍋」を作ろうと決めたそうです。

発想が単純!しかし、成し遂げるのは難しい!!

それを作っちゃうんだから、やっぱりスゴイ技術と情熱ですね~。

 

バーミキュラ鍋のスゴイトコ!

vermicular 2

出典:http://www.vermicular.jp/

バーミキュラ鍋最大の特徴は、密封性です。

他のホーロー鍋と違い、鍋のフチと蓋のフチ、両方がピッタリと合うように研磨されています。

 

さらに、フタ裏に小さな突起

vermicular 3

出典:http://shop.vermicular.jp/jp/index.php

これはフタについた水分を効率よく集めて、素材に落ちるようになっています。

これによって、素材から出たうま味と水分がまた素材に還っていくんですね。

こうして、『究極の無水調理』が可能な仕様になっています。

 

 

カレーですら、水を入れずに、野菜や食材から出る水分だけで美味しく作ることができます。

(隠し味とか、むしろジャマなくらい美味しいです。)

 

もう一つ、職人さんのこだわりを感じられるのが、取っ手部分。

「持つときに痛くないよう、職人が手作業で丁寧に仕上げをしております。」

 

 

や、優しい~!

重たい鍋でも持ちやすいです。しかもフタにもつけてる心遣い。

ただ、どっちも加熱すると熱くなるので、火傷にはご注意を。

 

バーミキュラと、他のホーロー鍋の違い

nabe

ホーロー鍋は、もともとホーローが割れたり剥がれたりするので、耐久性の高い鍋とは言い難いです。

その割に、値段は高いという・・・。

まあ、料理好きでなければ買わないような鍋です。

 

ホーローは保温性に優れ、本体のステンレスや鉄は熱伝導率が高いので、じっくり煮こむ料理には最適です。

それは、すべてのホーロー鍋に共通します。

 

では、ル・クルーゼやストウブなどの老舗メーカーと、バーミキュラの違いは何でしょうか?

 

1.耐久性

バーミキュラの開発社、愛知ドビーは鋳物メーカーであって、ホーロー技術があったわけではありません。

その辺が、耐久性の違いを生み出しているのでしょう。

ル・クルーゼなどと比べて、劣化が速いと感じる方がいるようです。

ただ、有料でリペア(ホーローの再焼付け)を行っているので、修理しながら長く使えます。

直して使う。昔の金物屋さんのようですね。

 

2.なべ底のリブ加工

 

これは、賛否両論あるところですが、個人的には余計だと思っています。

なべ底に、凸凸がついているんです。

グリルとしてキレイに焼き目をつけるのに使えるんでしょうけど、ホーローにグリル機能はいらないんじゃないかな~という個人的意見です。

 

カレーなどを作る時に、この凸凸にヘラが引っかかって邪魔・・・。

ホーローが剥がれやすくなる原因にもなりかねないので、なくてもいいのでは?

 

3.密封性

密封性はバーミキュラは非常に高いです。

特に、ル・クルーゼはまったく密封しませんので、無水調理にホーロー鍋を使いたいなら

バーミキュラ、もしくはストウブをオススメします。

 

ル・クルーゼなんかは1925年からの歴史がある老舗ブランドですから、2010年登場の日本のニューフェイスがどこまで浸透するか。勝負どころですね~。

耐久性にちょっと難ありですが、研究熱心で技術を磨き続けた町工場ブランド。

きっと、そのうち耐久性はクリアしてくれると思ってます。勝手に。

ぜひ、応援したい企業の一つですね。

⇒ 公式サイト

 - ライフハック ,