フード・グルメ

【青空レストラン】福井の新米・いちほまれ、美味いが高い?価格と通販おすすめをご紹介!

更新日:

2018年10月6日(土)の満点☆青空レストランは福井県!

あのコシヒカリの後継米、「いちほまれ」が登場。

食味ランキングで最高位の特A評価ですからね。

美味しいのは、間違いないでしょう。

 

ただ、お値段もお米の中ではやや高めです。

この記事では福井産「いちほまれ」の特徴・価格・通販品ならこれを買う!ってのを

お米王国秋田県で、米百姓育ちの私の視点から、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

「いちほまれ」はコシヒカリの後継米!

いちほまれは、福井県で誕生した新品種のお米です。

どれくらい新しいかっていうと、

2017年に試験販売開始。

2018年に一般販売開始したくらい。

まさに、

デビューほやほやの新米です!

 

福井県は実は、コシヒカリ発祥の地で、全国有数の米どころ。

ですがコシヒカリってお米は、とっても美味しいのに、福井の気候土壌にはあんまり適さなかったんですね。

で、福井ではあんまり栽培されなかった。

 

ですが、お隣の新潟県で奨励品種に抜擢。

そこで、このお米(まだ「越南17号」という開発名でした)に名前をつけることになりました。

 

福井県と新潟県は、越前と越後です。

「越の国に光輝く」という願いを込めて、「コシヒカリ」と命名されました。

 

そして今では、

お米といえば、新潟県産コシヒカリ!

ってくらいメジャーなブランド米になり、

福井がコシヒカリ発祥の地であることは、全国的には知られてません。

(ただし、現在出回っている多くのコシヒカリは、福井発祥のコシヒカリとはちょっと別物です。)

 

そんな苦渋の米歴史をもつ福井県が、開発に開発を重ね、誕生したのが「いちほまれ」というわけです。

福井県はこの「いちほまれ」に並々ならぬ期待と情熱を注いでいます。

もう、公式サイト見れば、本気度が伝わってきますね。

ツィッターもありますし。

ポストコシヒカリ品種で、福井県期待のお米なのです。

 

 

「いちほまれ」の味や特徴は?

漢字で書くと「一誉」。

「日本一誉高きお米」という意味で、評判が良い、褒め称えられるようなお米になる!という自信のほどが伺えますね。

 

その名に嘘偽りなく、

食味ランキングは最高の「特A」

コシヒカリと同じく、食味はとても良いんですね。

 

なお、食味ランキングは審査員が実食し、

外観、香り、味、粘り、硬さ、総合評価の6項目を審査して決まります。

「特A」ともなると、味もよく、香り高く、食感も素晴らしく、見目麗しいお米というわけです。

 

そして、「いちほまれ」の評判と特徴は、

粘りとなめらかな食感。

絹のような白さとツヤ。

オカズがなくても美味しい。

冷めても美味しい。甘みがある。

粒が大きく、弾力がある。

炊きたての、ツヤツヤ白ご飯が眼に浮かぶようですね〜。

 

冷めても美味しい、というのはお弁当とかいいですね。

特に夏場は温かいご飯は傷みやすいし、冷やご飯でさっぱり頂きたいですからね。

 

 

「いちほまれ」は高い…のか?

さて、「いちほまれ」は一般販売開始したのが、2018年9月29日と、つい最近。

デビューしたての、文字通り新米です!

売っているお店も、まだ限られています。

 

大体の相場ですが、今年は

2kg・・・1500円くらい

5kg・・・3000円くらい

10kg・・・6000円くらい

となっています。

 

あきたこまちが(秋田県南の直売所価格)

2kg・・・1000円くらい

5kg・・・2000円くらい

10kg・・・4000円くらい

ですので、ちょっと「いちほまれ」は高いですね。

(あきたこまちも県南米は2017年も「特A」を取っています。)

 

まあ、米のブランドでは最メジャーの新潟産コシヒカリと、同等くらいの価格です。

 

まあ、食味ランキングは正直参考程度。

実際はどの農家から買うかで、味もこだわりも変わってきます。

 

 

「いちほまれ」を売っているお店は?通販で買うならどこ?

くどいようですが、「いちほまれ」は2018年にデビューしたての新米です。

通販も店舗販売も、数が限られています。

 

店舗での取り扱いは、こちらの公式サイトから確認できます。

https://ichihomare.fukui.jp/store/index.html

こんなこと言いたくありませんが、お米は品種・産地偽装も実際にあります。

コシヒカリに他の安いお米を混ぜて売るという事件も、ありましたしね・・・。

できる限り、公式サイトに載っているお店から買うのがいいと思います。

 

通販は、判断が難しいですが・・・

私なら、こちらのお店ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いちほまれ平成30年度新米2kg 化粧箱なし
価格:1350円(税込、送料別) (2018/10/4時点)

楽天で購入

 

 

地元福井で実店舗をもつ、お土産屋さん。

一度信用を落とせば実店舗にも影響大なので、地元農産品については信頼できるかと思います。

工場製品だと製造と販売社が違ったりして、卸業者が入るともう分からないんですけどね。

 

逆に絶対買わないのは、「無農薬」と書いてある店です。

農産物は、無農薬という表示はできないことになっています。

書けるのは「特別栽培」か「有機栽培」だけです。

 

わかってて、でも本当に無農薬だからと違反表示している農家さんもいますが・・・。

ですが、そういう人なのか、単に売りたくて違反表示しているのか、購入者側からは判断できませんからね。

ならばせめて、表示ルールは守るという誠実さのある販売者さんから買いたいと思います。

 

 

まとめ

  • 福井産「いちほまれ」はコシヒカリの後継米
  • 食味ランキング、価格、共にコシヒカリ同レベルで、高め
  • 味の特徴は、冷めても美味しく甘みがある!食味は高い!!
  • 買うなら公式サイトに載っている実店舗が信用高い!

 

お米は、毎日のものなので美味しいもの食べたいですよね。

お米の産地は、地球温暖化の影響もあり、年々北の評価が上がっています。

特に今は、北海道のお米、美味しいです!

一方、福井のように今の温暖化した気候で、より美味しく育つお米の開発もされています。

「いちほまれ」は、そんな中生まれた期待のお米。ぜひ食べてみたいですね〜。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-フード・グルメ
-,

PICK UP記事と広告

Copyright© 毎日生活・ラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.