フィリピンに旧日本軍の埋蔵金?「山下財宝」は本当にあるのか?

   

フィリピンで一番有名な日本人、「ジェネラル ヤマシタ」という人物。

旧日本軍の陸軍大将だった、山下奉文という方です。

彼によって、終戦時にフィリピンに埋められたとされる莫大な埋蔵金があるという都市伝説。

「山下財宝」は、今も一獲千金を狙って探しているフィリピンの方々がいるそうで、しかも本当に埋蔵金が見つかった報告もあるから、ちょっと信じたくなっちゃいますね。

 

スポンサーリンク

「山下財宝」とは?

山下将軍は、本名、山下奉文(やました ともゆき)

第二次世界大戦で日本がフィリピンを統治していた時の、最後の将軍です

フィリピンでは、最も有名な日本人だそうです。

 

その山下将軍率いる日本軍が、フィリピンに隠した金塊があるという話です。

 

当時、日本軍が東南アジア(主にビルマ)から徴発した金塊を、シンガポールからフィリピンで中継し、日本本土に海上輸送しようとしていました。

しかし、潜水艦や航空機による海上輸送路への攻撃が激しくなったため、フィリピンに隠しておいて、終戦後に引き上げようとしました。

そして終戦後、関係者が戦犯として処刑されてしまい、金塊のありかの情報が失われてしまったと考えられているそうです。

 

また、信じる人が多い理由には、スターリング・シーグレーヴというアメリカ人作家の書いた財宝を巡る作品があります。

フィクションでありながら事実も織り交ぜられていて、巧みなストーリーで、本当の話だと思っちゃった人が続出したそうです。

(シャーロック・ホームズが実在したと思っているようなもんですね。)

 

で、フィリピンの方はもちろん、世界中からトレジャーハンター達が「山下財宝」を探すためにやってきて、日本軍関連の慰霊碑や、軍が駐留していた場所などを掘り返しているらしいです。

 

「山下財宝」は本当にあるのか?

これが、まったく無いとは言えないみたいなんですね。

 

実は、「マル福金貨」と呼ばれるコインが存在します。

出典:Wikipedia

出典:Wikipedia

 

太平洋戦争時、情報参謀を務めた堀栄三という人物が、著書に書き残しているんです。

アメリカ軍に対抗するため、フィリピンの華僑系財閥から物資調達の協力を得ようと日本から「福」と書かれた金貨を空輸したそうです。

その量は、1トン。

枚数にして、2万枚ほど。

その金貨の一部が、投降直前に将兵に配られ、まだフィリピンのあちこちに眠っているんだとか。

 

また、フィリピンのマルコス大統領という人物が「山下財宝」に関する地図や文献を持っていて、財宝を見つけて財を成したと言われているそうです。

 

1992年、マルコス夫人が不正蓄財の嫌疑をかけられ、夫は「山下財宝」を発掘したんだと主張しています。

本当に見つけたか、真偽は定かではありませんが・・・。

 

「山下財宝」探しすぎて、フィリピン政府が規制!?

戦後70年たった今でも、宝探しが収まらないため、ついにフィリピン政府は規制をかけました。

というのも、宝探しによって事故が起き、死亡者が出たり、環境破壊など問題が多発していたのです。

 

規制内容は、おおまかに以下の通り。

・宝探しには許可が必要。

・許可をもらえるのは、フィリピン人か、十分な資金を持つ団体。

・許可を取るには手数料を払うこと。

・その他、軍の許可や保証金供託等の手続きが必要。

・発見しても、文化遺産と判断された場合、国により全て没収。

・公有地で発見された場合、政府が75%、発掘者が25%。

・私有地で発見された場合、政府が30%、発掘者と地主で70%。

 

宝探しはロマンですが、ほどほどに。

本当に遭難したり、死んじゃったり、環境破壊など多くの人に心配と迷惑をかけることになってしまいますからね。

それより、真面目に働きましょう(^^;)

 

次のおすすめ記事

→ ハワード・ヒューズの謎!?モルモン遺言書事件!!

→ クヒオ大佐事件とは?1億円をだまし取った実在の結婚詐欺師!!

→ ジオキャッシングとは?リアル宝探しが楽しそう!日本にもあるの?

 

 - その他 , ,