『〇〇妻』最終回までの視聴率!〇〇に入る言葉の真相は・・・?

      2015/05/16

つい先日に最終回を迎えたドラマ『〇〇妻』。

柴咲コウさんの怪演が好評で

視聴率も2桁をキープしたまま終了。

気になるのは、結局『〇〇妻』の

〇〇って何が入るのかということですよね。

スポンサーリンク

 

『〇〇妻』最終回ネタバレと、視聴率の推移

最終回では、久保田正純(東山紀之)

〇〇妻・ひかり(柴咲コウ)

契約結婚ではなく正式に結婚し夫婦となり

結婚式も挙げて、久保田家も和解し

ひかりも母の千春(黒木瞳)と関係を修復し

ハッピーエンドで終わりたいところでした。

 

しかし、ひかりは正純を庇い

階段から落ちて入院。

正純が一日だけ、かつてキャスターを務めた番組

「ニュースライフ」に出演したのを見届けたあと

息を引き取ってしまうという

悲しい終わり方となっていました。

 

結局、罪を犯した人間は幸せになれないのでしょうか?

後味の悪い結末に、がっかりしたのは

私だけではないようで

ネット上には納得いかない、

何が言いたいのか分からなかったという声が

多数あがっていましたね。

 

視聴率は初回14.4%から

契約妻が発覚直後の2話めが15.2%

以降、13.9%  15.2%  14.7%  13.3%  14.3%

と順調に2桁半ばをキープ。

ひかりの罪が発覚し正純と別れたあと

トラックに轢かれた直後の第8話が

12.9%と一番低くなりました。

9話と最終回の10話でそれぞれ、13.9%  14.7%

好視聴率をキープして終わったみたいです。

今季のドラマの中では高い視聴率でした。

 

しかし、残念なことに一番気になる『〇〇妻』の『〇〇』に

何が入るのかはドラマ中では明かされませんでした。

 

『〇〇妻』、〇〇の真相!

ドラマの中では明かされないままだった『〇〇』ですが

ノベライズ本では真相が語られています。

 

当初、『〇〇妻』『契約妻』であることを

スタッフに隠すための仮タイトルだったそうです。

それが定着して、そのままドラマ本編でも

『〇〇妻』と謎めいたタイトルになったそうです。

 

いざ、フタを開けてみると第一話に契約妻が発覚

様々な方がタイトルを『契約妻』と勘違いしてしまったようで

番組公式HPでドラマのタイトルは『契約妻』ではない

注意書きが出るようになりました。

 

終わってみれば、〇〇に入る言葉はハッキリ明かされず

視聴者の想像によって変わるという感じでした。

 

脚本の遊川和彦さんがノベライズの最後で書き記してますが

『〇〇妻』というドラマは、久保田正純にとって

『俺の妻』の物語だった、と。

 

『〇〇妻』は結局、見る人や登場人物一人ひとりにとって

それぞれの〇〇が入るということでしょうか。

私が見たドラマのイメージでは『贖罪妻』かと思います。

それほど、罪の意識で苦しむ柴咲コウさんの演技が

ご本人が持つミステリアスな雰囲気も手伝って、印象的なドラマでした。

 

また、面白いと思ったのが遊川和彦さんの登場人物の名づけ方で

例えば、黒木瞳さんが演じたひかりの母

井納千春は、「いのうちはる」⇒「いのる」⇒「祈る」

からきているんだとか。

他にもそれぞれの名前に意味があるそうで

ノベライズ本に詳しく書かれていました。

構想が、「人間だけができること、笑うことと祈ること」

からきていることとか、その辺を知ってから見返してみれば

また違った印象を受けるのかもしれませんね。

 

 - その他 ,