秋田美人の謎!本当に美人が多いのか?なぜ美人が多いのか?

      2016/03/25

秋田美人

日本三大美人といえば、京美人・博多美人・秋田美人。

実際に秋田出身の芸能人は美人が多いですね。

加藤夏希さん、壇蜜さんなどなど。

佐々木希さんは「世界のもっとも美しい顔ランキング」

5年連続入賞しています。

なぜ、秋田は美人が多いのでしょうか?

てか、本当に美人が多いのでしょうか?

その秘密を探ってみました。

 

スポンサーリンク

秋田美人の俗説いろいろ

1.佐竹藩主 佐竹義宣が美人を連れてきた説

秋田は美人が、水戸はブスが多いといいます。

茨城県に秋田県民がいくと、だいたい出てくる、この話。

関ヶ原の戦いに敗れ、水戸から秋田に転封となった佐竹義宣が

腹いせに美人を全員連れて行っちゃった。

だから水戸にはブスばかりが残り、秋田は美人が多いのだというもの。

 

2.ロシアやヨーロッパなど外人のDNA説

日本海沿岸~シベリア沿岸~朝鮮半島という渡航ルートがあり

秋田には外人の混血が昔から多かったというもの。

秋田県民の10%は、白人しか持ってないウイルスを遺伝的に持っているそうです。

また、日本人に最も多い血液型はA型ですが、

秋田県は北方大陸系に多い血液型のB型とO型が多い。

 

(確かに、BとOが多いですが、それほど外人顔は多くないと思います。)

 

3.秋田美人は川反芸者から始まった説

日本全国で「秋田美人」のイメージが定着したのは明治~昭和にかけて。

小阪・阿仁・尾去沢など、秋田はかつて鉱山産業が盛んでした。

その頃に、日本各地から秋田に訪れた文人たちが、

現在も秋田の繁華街となっている川反の芸者達が

色白美人揃いだったと吹聴したらしいですよ。

(秋田にも華やかな時代があったんですねぇ~)

 

環境的要因

1.日照時間が短い。

秋田県は全国一日照時間が短い県です。

つまり、晴れの日が少ない。

(だから皆うつになって自殺率高いんじゃないかと密かに思っています。)

さて、日照時間が一番多い山梨県が年平均2249時間

比べて秋田県は、1453時間

そのため、色白の人が多いということらしい。

これには、納得。実感あり。

色白は美人要素の一つですしね。

また、紫外線が必然的に少なくなるため、肌の老化が少ないのかも。

 

2.寒い気候。

秋田県は雪国です。

冬はとても寒い。

その為、室内は暖房ガンガン焚いて暑くします。

外は寒い。中は暑い。

この温度差の中を行き来することで、血行が良くなるらしい。

 

3.湿度が高い。

日照時間が短い。=雨や曇り、雪が多い。=湿度が高い。

特に冬の間も湿度が高いため、肌や髪が乾燥しにくいそうです。

特に髪に関しては、実感あります。

仙台住んでいた時は、パッサパサになりましたから。

 

4.温泉が多い。

秋田県はとにかく温泉が多いです。

大きく分類しても、30ヶ所以上。

小さいとこもあわせると、いくつあるのやら・・・。

全国的に有名な乳頭温泉玉川温泉などなど。

しかも、県北から県南、沿岸から内陸とほぼ全域に分布しています。

 

5.麹を食べる。

「秋田は米泥棒」と他県から言われるほど米の収穫量が多い地域です。

米を使った食文化が発達し、

麹を使った漬物に、味噌を多く食べます。(塩分過多になりますが)

さらに、ショッツル(魚醤)など独自の発酵食品に

ギバサ(アカモク)、じゅん菜、山の芋、といった

ネバネバ・ヌルヌルした食材を多く食べます。

こういった食品は美肌効果がありますからね。

 

秋田出身の有名人

では、実際に秋田美人と呼ばれる、秋田出身の有名人はどんな人がいるのでしょうか。

 

・小野小町(日本三大美人の一人。他は、衣通姫・藤原道綱母)

・佐々木希(モデル)

・加藤夏希(タレント)

・鳥居みゆき(芸人・埼玉育ち)

・藤あや子(演歌歌手)

・桜田淳子(歌手)

・壇蜜(東京育ち)

・浅利香津代(女優)

・生駒里菜(乃木坂46)

・内舘牧子(作家)

 

思いついだけで、これだけいました。

秋田出身=秋田美人とは言えないようですね。

実際に秋田県民としても、いうほど美人ばっかりではないと感じています。

むしろ、そう言われるのはプレッシャーです。

あんまり言わないであげてください。

 

とはいえ、県のイメージ戦略には大いに利用していいと思います。

秋田美人のポスターは、まさに秋田美人という美しいものでした。

あきたびじょん

 

モデルの方のお名前は公表されていませんが

秋田県大仙市出身で、高校を卒業し地元で子供たちにバレエを指導。

その後、上京して国会議員秘書になり、貿易関係の仕事をしていた方とご結婚。

2010年に76歳で亡くなるまで米国ロサンゼルスで過ごされたそうです。

このポスターは県民にも非常に好評で、

まさに「秋田美人」のイメージそのものですね。

 

こちらもオススメ

→ 『アカモク』の栄養素がすごい!秋田ではフツーに食べてる『ギバサ』の力とは?

→ 熟成魚?福井県郷土料理「へしこ」にそっくり、秋田の魚のぬか漬け!

→ 地元民が教える角館桜まつり2016!開花予想に駐車場や交通規制も!

 

 - 美容・ダイエット, その他 ,