Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/c0014742/public_html/yukadiary.com/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

ケノン購入を決めた3つの理由と、脱毛効果で人生変わった話

ケノン欲しいけど、公式サイトが怪しすぎて買うのを迷ってませんか?

無駄に長いし、写真もレビューも胡散臭いし、価格も高いし、通販でしか売ってないし。

「ケノン、めっちゃ効果あった」ってSNSの口コミもあるけど、公式サイトが怪しすぎて…買って失敗したら嫌だなぁと、ずっと買うのをためらっていました。

そして、ケノンを買うか悩んでいる期間の10倍以上長い間、毛深いことで悩み続けてきました。

私の剛毛記憶によると、小学生3年生くらいからすでに毛深いことで悩みはじめていましたね。

小学5年生の時には、ハサミで自らの腕を切って母親を心配させたこともあります。

本当は腕ではなく、ふさふさと草原のように生えた長い腕の毛をこっそりハサミで切っていて、誤って腕まで切っただけなんですけど。

当時、母親は本気で心の病気ではないかと、何かストレスを抱えているのではないかと、めっちゃ心配して問い詰めてきました。

私は毛深いことが恥ずかしくて、本当のことは言えませんでした。ごめんよ、お母さん

それくらい、ずっとずっと長い間、毛深いことで悩んでいたんです。

 

悩みが深いほど失敗が怖く、悩みを解消できる方法を知っても、慎重になるものですね。

ケノンの存在を知って、口コミを読み尽くし、医療脱毛や脱毛サロンについて調べまくった結果、1年以上悩んだ末にケノンを買う決意をしました。

結果、買って正解だったと思っています。

確かに、すぐにツルツルにはなりませんが、限りなくツルツル無毛に近づいていることが実感できます。

男性の足かと思うほど太く無数に生えていたすね毛は、明らかに数が減り、見た目も細くか弱い毛が生えてくるようになりました。

しかも、チクチクしないんです。

ムダ毛をT字カミソリで剃っていた頃は、翌朝からすでにチクチクざらざら。

姪っ子に、「足チクチクする~」と無邪気に言われても、苦笑いでやり過ごすだけ。

頼むから、人前でそういうこと言わないでくれ。君のお母さんに謝られちゃうから。

 

ケノンを使うようになった今では、脱毛したあとはチクチクとした毛が生えてこないのです。

毛自体が細くなっているのもありますが、やはりカミソリだと毛先が鋭利にカットされたのがそのまま伸びてきていたんだなと、それでチクチクしていたんだと改めて実感しました。

ケノンだと、毛根からポロポロと抜け落ちるので、次生えてくる毛は完全に新物。

毛先はほっそりして、少し伸びるまで気づかないほど触りごごちが柔らかです。

伸びてきても、照射すればいいと思うと、気持ちがずいぶんと楽になりました。

正直、自分でも色気づいてるな~と思うほどに、肌の露出が増えました(笑)

 

予想外に良かったのが、自宅で自分のペースでできる快適さ

実は両脇200円やり放題に釣られて、とある脱毛サロンに通っていたことがありました。

そこでは毛周期を考えて、2ヶ月に1回予約をする仕組み。

しかし私の剛毛は、1週間でもうフサフサ。

次の脱毛まで1ヶ月以上、カミソリで自己処理しなくてはいけなかったのです。

自己処理の手間は減らず、労力とお金がかかるようになり、エステ通いは私には負担でした。

 

ケノンは自宅でいつでもできるので、週1で脱毛することも可能。

ミュート機能で夜中でも大丈夫。家族にバレずに使えています。

伸びてきたと思ったら、脱毛できるのは、想像を超えて快適でした。

そうやって最初は週1、2週に1回、生理が終わったから1回、とあてている内に、ほとんどツルスベに。

今ではたまに伸びた毛を見つけたときにあてればいいほどに。

めっちゃ楽になりました。

自分のペースで気が向いたときに脱毛できるっていうのが、サロンに通うのがめんどうすぎた私には最高にありがたかったです。

 

ケノンを買うと決めた3つの理由

私はケノンを買うこと自体、1年以上迷い続けました。

気持ちは欲しいと思っているものの、公式サイト怪しすぎる

レビューだって、購入者特典をエサに書かせているのだろうと、信用してませんでした。

損得勘定で動くような人間なので、衝動買いではなく、合理的な理由がないと買おうと思えなかったんです。

 

そんな私がケノンを買ってもいいと判断した理由が3つあります。

 

1つは、コストパフォーマンス。

同じ光脱毛をするなら脱毛サロンに通うより、ケノンで自己処理したほうが、効果の差はなく、安いと判断しました。

脱毛サロンは医療脱毛と違い、医師免許がいらない、言ってしまえば知識がある一般人がやっているだけです。

機械を買って、自分で勉強してやっても大差ありません。

 

確かに、脱毛サロンに通えばスタッフの方がやってくれますから楽ですが、その分人件費や店舗代がかかっています。

ケノンは高性能コンデンサを4個も積んでいて、脱毛サロン並みの高出力なので、自分でやっても効果はほぼ一緒。

脱毛サロンで全身脱毛を申し込めば、完了するまで5年くらいかかり、費用は総額30万は超えます。

ケノンなら、美顔器つけても8万円くらい。

友達に貸すこともできるし、終わったら本体を売ることもできるから、コスパ良いと判断しました。

 

2つめは、扱いやすさ。

家庭用脱毛器は、光タイプレーザータイプの2パターンあります。

ケノンは光タイプです。

レーザータイプでは、トリアが有名です。

 

レーザータイプの方が、フラッシュタイプより強い照射力があるので、強い方が効果が大きいだろうと最初は考えました。

ただ、レーザーはピンポイントで毛根を焼き切る脱毛方法です。

照射範囲はせまく、痛みも強く、本来はクリニックなど医師が扱うべき、専門技術のいる機械です。

素人で面倒くさがりの私には、不向きと判断しました。

ピンポイントで毛穴ひとつひとつに照射するとか、途中で挫折しそうと思ったからです。

痛みは我慢できるかもですが、場合によっては麻酔クリームが必要かもしれません。

レーザータイプは照射後のケアが必須で、ズボラな私が継続するには障害になりえます。

というか、美容にそこまで関心のない私の性格では、ほぼ確実に挫折するでしょう。

 

フラッシュタイプはレーザーより弱いので、回数あてなくてはいけませんが、照射範囲は広いです。

毎週やらなくてはいけなくても、1回の施術時間が短く済む方が、気軽に続けやすいと予想。

実際にケノンを使うときは、youtubeを聴きながら週1で照射してたら、割とすぐに効果が出て続けられました。

素人が扱うのなら、弱い光の方が扱いやすいです。

ケノンは光のレベルは10段階で調整できますし、カートリッジを交換して美顔器としても使えます

眉毛やホクロ毛にも使える専用機も付属してますし。

 

素人でも自分の肌レベルに合わせて調整でき、使い方も幅広く、扱いやすくて気に入ってます。

扱いやすさ=続けやすさ。

どんな脱毛方法でも1年以上かかるので、継続できるかどうかは重要です。

 

3つめは、転売しやすさ。

自分に合わなかったとき、購入代金をどこまで回収できるか。

ケノンは日本で一番売れている家庭用脱毛器。

そのブランド力の高さから、数回使用程度なら、6割以上の価格で売れます。

実際に1回使用したケノンが、メルカリで6万円で売れていました。

最新バージョンの出品は少ないので、巣ごもり需要を考えれば、もっと高額でも売れると思います。

自分に合わなかったら、メルカリで売ればいい。

最悪でも1万円の損で済むと思ったから、ケノンを買うのに踏み切れました。

 

けっきょく、私の剛毛には相性が良かったのか、使いたおしているので、損どころか得だったと思っています。

 

ケノンまとめ

ケノン購入による私自身の変化

  • 剃り跡チクチクがなくなった
  • 肌の露出が増えた
  • 服を買うのが楽しくなった
  • 美容に目覚めた
  • 女としての自信がちょっとついた
  • 長年の剛毛コンプレックスが嘘のように気持ちが晴れた

 

ケノンの特徴

  • 日本製の高性能コンデンサで、サロン同等の出力
  • 美顔器としても使える
  • 照射レベルを10段階で調節し、痛みや敏感肌に対応
  • カートリッジ式なので、万が一打ち終わっても、カートリッジさえ買えばまた使える
  • 腕、足、産毛からヒゲまで幅引く対応可能

 

ケノンのダメな点

  • 公式サイトがあやしすぎる
  • セット内容がわかりにくすぎ
  • アマゾン・楽天と公式のセット内容が違う

ケノンは公式サイトから買うと、セット内容がいちばんお得になるようになっています。

 

ケノンのセット内容(2020511日時点)

  • ケノン本体
  • 脱毛用カートリッジ(プレミアム)(足とか腕、背中、指など広い範囲と産毛)
  • 脱毛用カートリッジ(ラージ)(脇とか狭い範囲で濃い場所)
  • サングラス
  • 保冷剤4個
  • 眉毛脱毛器(ほくろ毛)

美顔器用カートリッジはついてこないので、同時に購入しておくのがおすすめです。後から別個で買うと送料がかかっちゃうので。

 

今後しばらく、私の予想では2022年くらいまでは巣ごもり需要もあって、ケノンは入手しづらくなるでしょう。

脱毛には、クリニックでも自己処理でも、少なくとも1年はかかります。

今日より若い日はなく、私は買うのを迷った1年が本当にもったいなかったと後悔しています。

脱毛はやれば必ず効果が出て、ツルツル無毛の手足は、確実に女性としての自信をつけてくれました。

7万円は、決して安い買い物ではありません。

でも、7万円の自己投資で、女性として少しでも自信がつくなら、惜しくないと私は思います。

おしゃれな服も、綺麗なドレスも、自分のチクチク剛毛足では似合わないと、いつも思っていました。

ツルスベ素足を手に入れた今では、友人知人の結婚式など、ドレスを着る機会が楽しくて仕方ありません。

 

サロンで30万円払わずとも、ケノンを7万円で手に入れて、あとは自分の努力でキレイになれます。

たかが剛毛でコンプレックスを抱えたまま生きるのは、女性としてもったいないです。

ツルスベ手足を手に入れるだけで、本当に気持ちが大きく変わることは、私の実体験をもって保証します。

剛毛コンプレックスは、解消できる悩みです。

ケノンを公式サイトで購入する