ホテル柳橋「ゴミだと思った」からってあり得ないでしょ!社長今井明男氏の勲章はなんなのか

Twitterで炎上した東京のホテル「ホテル柳橋」。

2019年9月6日に宿泊したスズキしんやさん(@suzuki_predat)の荷物を勝手に開封し、捨てるという旅館業として信用を地に落とすありえない愚行がありました。

元ホテルマンとしては、考えられません。

原則、ゴミ箱に入れてある以外は、宿泊客の部屋の荷物は丸めたティッシュですら捨てないように私は教わったのですがねぇ…。

しかもスズキさんの対応したのは、社長ご本人と社長夫人。

対応も非常に悪い!

すぐに謝罪と賠償するべきところ、非常にもめにもめた結果、10月19日のネットニュースで世間の目にさらされることとなったわけですね。

ぶっちゃけ、ネットニュースになってくれてありがたいと思いました。

東京に泊まる機会が今後もあるし、直近でも来月行く予定だったので、危ないホテルを1つ避けることができましたよ。

事件の経緯をここにメモして、残しておきたいと思います。

何年経っても、絶対泊まりたくないので。

ホテル柳橋 炎上の経緯

2019年9月6日、スズキしんやさん(@suzuki_predat)がホテル柳橋宿泊にて、荷物を捨てられる事件発生。

スズキさんはガレージキット(組み立て式の模型)を作り、色つけまでした完成品を販売しており、今回捨てられた荷物もお客様からご依頼された完成品だったそうです。

配達中に壊れてはいけないと万全を期すため、自分で運んできたとのこと。

知らない人が見れば変な形のフィギュアに見えそうですが、どうみてもゴミには見えません。

テープで固定されていたものを開封です。

清掃の方が掃除のためにやったとは、考えにくいです。

 

清掃か何かの際にスタッフが動かし壊れたような音がしたため、開封した。

または、盗難するつもりで荷物を漁った輩がいた、という可能性があります。

 

それがホテルスタッフなのか、社長なのか、外から入ってきた人物なのか分かりませんが。

ホテル柳橋社長の対応をみていると、社長もしくはホテルスタッフがやらかした感ありますけどね。

「ホテル柳橋」は、客室清掃は別会社に任せているようです。

出典:https://www.hellowork.careers/

 

スズキさんは、ことが発覚した9月6日時点ではホテル名を明かさず。

ホテル名をSNSでさらすと、名誉毀損になりかねないことを考慮しての行動だったようです。

 

ガレージキットはお客様にお渡しする作品ですから、ホテルの対応が悪い云々より、直さなきゃという気持ちがあったのではないでしょうか?

無事になんとか間に合ったようで、そのことは良かったですね。

ご本人、だいぶ精神的にも肉体的にもお疲れだったと思います。

 

事件当日にホテル柳橋の社長本人が対応し、その対応に憤りを感じますが、まだ話し合いでなんとか解決しようというスズキさん。

ホテル柳橋は社長・社長夫人が常駐して対応しているあたり、家族経営のようですが、経営者のモラルを疑いますね。

社長は70歳を超えているようですが、年の功とはなんなのか、ずさんな対応。

ホテル側の「ゴミだと思った」発言はありえないでしょう。

 

名古屋に帰ったあとも、根気よくホテル側と話し合い続けたスズキさん。

本来なら、社長が名古屋に出向くべきだと私は思うのですが、感覚がおかしいのでしょうか?

折り返し電話3時間待たせた上で、酒飲んだから今日はまともに話せないとか、馬鹿なの??

Twitterのノリもあって茶化し気味のツイートですが、内心相当なお怒りでしょう。

スズキさん、頑張って!

被害受けた方が、どんだけ労力割いてんだか…おかしいでしょ?

 

10月19日、事件から1ヶ月以上たって、ようやくお詫びしてきたようです。

事前連絡もなしに、現金書留を送ってくるって。

そんなお詫びの仕方、社会人としてありですか?誠意ってなんでしょうね?

個人客だからでしょうか、なめているとしか思えない対応です。

最初からでしたが、ホテル側のモラルの無い誠意の欠く対応に 、スズキさんもこれ以上は無理だと悟ったようです。

スズキさんがすごいのは、冷静にホテル側との会話を録音し残しておいたこと。

内心は怒りに燃えていても、行動は極めて冷静。

客観的に判断できる証拠をきっちりと残し、社会に判断を問う行動に出ました。

 

社長夫人、長年の付き合いであっても他のお客さんに宿泊客のこと喋っちゃダメだし、喋ったことを本人に喋っちゃもっとダメでしょう。

いつまでも昔のリテラシーでいちゃ、経営者としてNGでしょ。

バイトのせいにしないでください。

権限のもってないバイトが、すぐかけなおすと一旦電話を切るのは、正常な対応です。

その後で権限を持っている社員なり上司なりが、すぐにかけなおさなかったのが悪いのです。

私は過去に4箇所のホテルで働いたことありますが、家族経営ホテルの典型的なワンマン型ホテルですね。

某大手グループホテルで働いていた時は、こういう対応専門の方がいましたし、ここまで問題が大きくなると本社対応でしたから。

家族経営は社長である夫か、女将である妻のどちらかが権限を握っていることが多いです。

マネージャーも支配人も、権限持ちには逆らえないイエスマン。

飲み会で愚痴をいうことはあっても、社長に意見することはありません。

で、年配の社長さんたちはネット関係に疎く、メール対応はしません。

飲み会、接待(してもらうことも多々)がお仕事です。

思ったことをそのまま発言して、失言をする政治家と一緒です。

取り繕った馬鹿な言い訳しますが、自分の非は認めません。

認めたら責任取らなきゃいけませんから。

ホテル=自分で、自分の保身しか頭にありませんし、自分の保身がホテルを守ることになると本気で思っています。

権力者とばかりつるみ、一般庶民のお客様などお客様だと思ってないでしょう。

従業員も社長が来れば、お客様より社長を優先します。家族経営のホテルにはよくある光景です。

(※全て個人的な体験からの個人的な意見です。)

 

スズキさんのケースは、スズキさんがSNSで双方向の交流をされている方で拡散力があったので、このように世に出回ることができ、本当に良かったと思います。

泣き寝入りしている方も、いるでしょうから。

こういったホテルがあることは、働いていた側からすれば本当のことですし、本当に誠実にお客様対応しているスタッフも多いことも知っているので、同業者として悲しくなりますね。

私は元同業者ですけど。

 

いやぁ、酷いですね。

お金じゃないんだってことが、なぜ分からないのか?

お金以外で価値をはかれないんでしょうか、この社長夫婦は。

こんな方々が、日本国から勲章を頂いたことがあるっていうから、世も末ですね。

2年前まで立派な人だったのか、人格は勲章に値しなくてもいいのか、どっちなのでしょうね。

 

「ホテル柳橋」今井明男社長は勲章持ち

出典:http://www.ryoko-net.co.jp

 

2015年に旭日双光章(きょくじつそうこうしょう)を叙勲されています。

元東京都ホテル旅館生活衛生同業組合理事長・元全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会副会長でして、生活衛生功労による叙勲だそうです。

文字だけみれば、旅館業における生活空間の衛生面をよくするのに尽力されたということなんでしょう。

その結果が、宿泊客の怪しい荷物は勝手に開けて捨てることがあっても、許されるというお考えでしたら、いかがなものかと思いますがね。

 

東京行っても「ホテル柳橋」には絶対泊まりません。

この先何年経っても、うっかり泊まらないよう心に留めておこう。