アロエベラの効果が万能すぎ!アロエ化粧水にアロエパックの作り方!!

      2016/04/22

アロエベラ

「あさイチ!」でアロエベラが紹介されてましたね。

アロエの美容効果は昔から有名です。

火傷に効くって、おばあちゃんが育ててました。

あれは「キダチアロエ」でしたけどね。

他にもいろいろある、アロエ活用法を調べてみました。

 

スポンサーリンク

アロエベラの効果とは?

 

女性

主な効果

・血行促進…肌の血行を高めて、くすみを和らげる
・新陳代謝の促進…シミ・そばかすの予防と回復。
・消炎効果…日焼けによるほてりを改善、熱を取る
・殺菌効果…ニキビ・吹き出物の予防。
・保湿効果…みずみずしく、ハリのある肌を保つ。

特に、火傷には効果的。

実体験からも、それは納得。

軽い火傷でしたが、キレイに痕もなく治りました。

 

さらに注目されるのは、美肌効果

コラーゲンの生成を助け、皮膚の新陳代謝を促進。

老化防止効果があります。

便秘にも効きます!体内の毒素を出し、調子を整えてくれます。

まさに万能薬!

 

アロエの化粧水、美容パックの作り方

雫

 

アロエ化粧水の作り方

【材料】

・アロエ

・ホワイトリカー

 

【作り方】

アロエはトゲを取って、キレイに水洗いします。

水気を拭いて、適当な大きさに切ります。

瓶にホワイトリカーで漬け込み、2ヶ月置きます。

アロエを取り出し、キレイなガーゼで漉して完成です。

保存料が入ってないので、早めに使いきりましょう。

 

 

アロエパックの作り方

【材料】

・アロエ

・レモン汁

・小麦粉

 

【作り方】

アロエをキレイに水洗いし、トゲを取ります。

すりおろして、ガーゼで漉します。

漉した汁に、レモン汁少々と小麦粉を入れて混ぜます。

アロエ汁1:小麦粉2の分量です。

完成です。

目や口周りを避けて、顔全体にパックし、

15分ほどおいて乾燥したら、水で洗い流しましょう。

 

また、トゲをとって水洗いしたアロエを細かめに刻んで、お茶パックとかに入れれば入浴剤になります。

お肌がツルツルになるし、保湿効果もあります。

 

「アロエベラ」と「キダチアロエ」の見分け方

?

「あさイチ!」で紹介されたのは「アロエベラ」

粘りが強く、葉もずっと肉厚です。

 

・キダチアロエ

キダチアロエ

 

 

・アロエベラ

アロエベラ

 

簡単な見分け方は、見た目です。

「キダチアロエ」は茎から葉が伸びてますが、「アロエベラ」は茎がほとんどありません。

 

キダチアロエには「アロイン」という苦い成分が含まれてます。

便通を良くし、胃を丈夫にしてくれます。

が、女性は食べる際には注意が必要です。

 

通経作用がありますので、妊娠中・生理痛時には摂取を控えましょう

単純に美容成分を求めるのなら「アロエベラ」で十分ですし。

また、アロエヨーグルトなどの製品に使用されているのは「アロエベラ」が多いです。

 

アロエベラには「サポニン」が含まれています。

「サポニン」は小豆に代表される成分。

血流促進、神経を安定させる、脂肪抑制などなど多くの健康効果があります。

日本人の長寿の秘訣とも考えられています。

 

化粧品として使うには「キダチアロエ」でも「アロエベラ」でもいいんですね。

食用は「アロエベラ」がオススメです。

とはいえ、スーパーで売っているものなんでしょうか?

(昔、仙台のデパ地下で見ましたが・・・)

 

単純に自宅で栽培したほうが簡単かもしれませんね。

比較的寒さや病気に強い植物ですし。

ただし、雪が降る地方では、冬は室内に入れてあげましょう。

雪や霜には弱いですからね。

 

次のおすすめ記事

→ オイルプリングが花粉症に効く!?「ココナッツオイルでうがい」という怪しい美容法!

→ 美肌にはヒハツ(ピーヤシ)、シナモン、ルイボスティー!毛細血管を鍛える効果が!

→ シリカ水(ケイ素)の美容効果とは?ケイ素って鉱石の石英だよね・・・?

 

 - 美容・ダイエット ,