ナウシカの『メ―ヴェ』を作った大学准教授、八谷和彦さんがスゴイ!

   

ジブリの名作アニメ『風の谷のナウシカ』。

主人公ナウシカが乗りこなす、空を飛ぶ鳥のような飛行機『メ―ヴェ』は、有名ですね。

その『メーヴェ』を現実世界で作り上げた人物が、八谷和彦さん。

東京芸術大学美術学部准教授で、メディアアーティスト。

かつて、ウィンドウズ98時代に一世を風靡したメールソフト『ポストぺット』の開発者でもあります。

(トップ画像:https://www.youtube.com/watch?v=c1YIDLC3UgU)

 

スポンサーリンク

八谷和彦さんの経歴

出典:http://www.gizmodo.jp/2013/09/post_13101.html

出典:http://www.gizmodo.jp/2013/09/post_13101.html

名前:八谷和彦

生年月日: 1966年4月18日

出身:佐賀県

学歴:九州芸術工科大学画像設計学科卒業

職業:東京芸術大学美術学部准教授

メディアアーティスト

 

ウィンドウズ98時代に流行した、メールソフト『ポストペット』の開発者。

ピンクのくまの「モモ」を使っていたのを覚えています。

あ~、懐かしい。

 

八谷さんの開発したものは、「視聴覚交換マシン」という互いの見ているものを文字通り好感してしまう装置や、 映画『Back to the Future』の ホバーボードのように浮かんで進む、スケートボードなど。

まさに、SF作品の世界のアイテムを、現実に作り出している、すごい方。

科学者というより、最新技術を使った芸術家。

 

書籍も出されています。(画像クリックでAmazonに飛びます。)

 

『メーヴェ』作りは、イラク戦争から

八谷さんが『メーヴェ』を作り始めたのは、2003年。

正確にはメーヴェじゃなくて、「M-02J」

プロジェクト「Open Sky」という名称で開発、飛行テスト、展示などの活動が行われ続けています。

 

八谷さんが、この活動を始めたきっかけが、イラク戦争だったそうです。

大量破壊兵器を持っているとして、アメリカ、イギリス、オーストラリアを中心とした連合軍とイラク軍が衝突しました。

アメリカが参加したので、日米安保条約から日本の自衛隊もイラク派遣されましたね。

八谷さんは、大国同士の戦争に巻き込まれた「風の谷」のため、戦場に身を投じたナウシカと、日米安保からイラク戦争に関与した日本を重ねてみたそうです。

「日本の首相がナウシカだったらそんなことはしないのに!」というような気持ちになりました。

そこで「僕はナウシカにはなれないけど、戦争を止めようとするナウシカが乗るメーヴェを今のうちに作ろう」と思ったのです。

たぶんこういうことはまた起こるから。

(引用:http://www.gizmodo.jp/2013/09/post_13101.html)

発想がスゴイ・・・。

デモを起こして反対することを考える人は多くても、メーヴェを作ろうと思うのは八谷さんだけでしょうね。

いつか、日本の首相はナウシカになれるのでしょうか?

 

プロジェクトのスタートは、2003年。

1/2サイズの模型製作から始まりました。

その後、グライダー飛行ができるM-02を開発。

そして、2013年にはジェットエンジン搭載したM-02Jで、実際に八谷さん自身が乗り、500mの飛行に成功しています。

 

空飛ぶ姿は、まさに『メーヴェ』。

体重移動によって操作するそうです。

本当にメーヴェですね!

 

個人が飛行機に乗って、空を自由に飛び回る日も近いかも。

ちなみに、これはあくまで「個人がこのような機体で飛行可能を実現する」プロジェクト。

スタジオジブリが関係ないのは当然ながら、量産の予定も全くないそうです。

ちょい、残念。

 

八谷さんの発想と発明は、ナウシカや、ガンダム、バックトゥーザフューチャーなど、多くのアニメや映画作品の世界のものがあり、楽しいです。

ぜひ、本物を見て体験したい!

その為にも、ツィッターをフォローして、情報をキャッチしましょう。

八谷さんのアカウント

 

 - 世界で活躍する日本人 ,