青パパイヤでダイエット!酵素「パパイン」と栄養面で超優秀な食材だった!!

   

黄色いパパイヤは正直苦手・・・。

そんな人でも、青パパイヤなら食べられるかもしれませんよ。

青パパイヤは未熟な状態のパパイヤ。

果物と言うより、野菜的な扱いをされている食材です。

タイ料理の定番「サラダソムタム」に代表されるように、生でサラダにしてもシャキシャキ触感で美味しい!

炒め物や煮物にも使えます。

消化酵素「パパイン」を始め、栄養素も希少なビタミン・ミネラル豊富。

古来日本で「万寿果(まんじゅか)」と呼ばれていたほどの、優秀食材です!!

(トップ画像:http://www.shima-girl.com/girlnews/1757)

 

スポンサーリンク

長寿の実「万寿果」と称されるパパイヤ!

パパイヤの木

パパイヤは、熱帯地方で栽培されている果物です。

日本だと、沖縄県に自生しています。

タイやフィリピンなど、東南アジアでは大根並みに常用される食材。

完熟した黄色いフルーツ状態のものから、青の未熟状態、ドライフルーツなど様々な形で食べられています。

 

日本で売っているパパイヤは、9割が輸入品

というのも、パパイヤの木というか茎は、柔らかくて折れやすいんですね。

その為、台風なんかですぐ倒れてしまいます。

倒れたパパイヤの木は腐敗してダメになってしまうため、日本では安定生産が難しいのです。

ですので、栄養たっぷりなパパイヤも、日本では輸入果物のイメージが強く、常食されていないんですね。

 

台湾や香港などでは、果物として食べることが多く、

タイやフィリピンでは、青い未熟状態を野菜として使うことが多いです。

 

パパイヤの栄養成分

青パパイヤ 完熟パパイヤ
エネルギー(kcal) 39 38
タンパク質(g) 1.3 0.5
カルシウム(mg) 36 20
マグネシウム(mg) 19 26
カリウム(mg) 190 210
ナトリウム(mg) 5 6
銅(mg) 0.03 0.05
亜鉛(mg) 0.1 0.1
リン(mg) 17 11
ビタミンC(mg) 45 50
葉酸(μg) 38 44
パントテン酸(mg) 0.55 0.42

 

完熟・未熟で大きな差はありませんね。

 

どっちにしても、ミネラルやビタミン類を多く含んでいる果実なんですね。

それゆえ、長寿の果物として「万寿果(まんじゅか)」と称されています。

 

さらに、近年では青パパイヤの抗酸化作用も注目が集まっています。

抗酸化作用、つまりアンチエイジング効果ですね。

青パパイヤのパウダーについては、健康飲料のノニジュースと比べて「総抗酸化能が約60倍」とも言われています。

美容食材として、業界ではかなり熱い果物なんですね!

 

消化酵素「パパイン」で痩せるメカニズム!

ダイエット ウエスト 腰

パパイヤで特に熱い注目を浴びている成分が「パパイン」

「パパイン」は消化酵素の一種で、タンパク質を分解します。

ですので、肉料理にパパイヤを使うと、お肉が柔らかくなるとされています。

また、消化酵素ですから、食べた時の消化吸収を助け、胃もたれしにくくしてくれます。

それに、パパイン酵素はダイエット食品の他、洗顔料やピーリングにも使われていますね。

 

ですが、パパイヤのすごさは、それだけじゃありません。

「タンパク質分解酵素」の他、「糖質分解酵素」「脂肪分解酵素」も持っているんです。

この3つの酵素、全てを有している果物はパパイヤだけ

植物酵素のとも言われています。

 

酵素ダイエットなんて言葉があるように、酵素を摂ると痩せる!とされています。

でも、なぜ痩せるかご存知ですか?

 

酵素には「消化酵素」「代謝酵素」があり、どちらも体内で生成可能です。

その他に、食品がもつ「食物酵素」があります。

消化酵素で有名なのは、唾液に含まれるアミラーゼ。

学校で習いましたよね。炭水化物を分解する消化酵素です。

 

消化酵素も代謝酵素も、わざわざ食品から摂らなくても体内で生成できるのです。

しかし、食べ過ぎたり、加齢などにより酵素を作る力が弱くなります。

そこで、食物酵素で消化酵素の役割を補います。

そうすれば、酵素を作る力を代謝酵素を作るのに使えるため、体内の代謝が促進され痩せるわけですね。

 

青パパイヤダイエットの効果的な方法!

タイ料理 サラダソムタム

青パパイヤ料理で有名なのが、タイのサラダ「ソムタム」

タイの航空会社では、フライトアテンダントは体重により配属先が決まるそうです。

そこで、体重測定の一ヶ月前からソムタムダイエットで、痩せようというわけです。

数あるダイエット法の中でもこれが一番効果があるんだとか。

この情報により、日本でも青パパイヤのダイエット効果が注目を浴びつつあります。

 

では、具体的にはどうしたらいいのでしょうか?

実践者のブログを読み、要点をまとめてみました。

 

①朝食を青パパイヤを含んだスムージーにする。

基本的に、これだけ。

 

あとは、普通のダイエットとなんら変わらず。

食べる物や順番を、低GI(血糖値が上がりにくい食品)優先にしたり、

昼食や夕食も、可能なら青パパイヤ料理を取り入れるといった具合。

 

それで、1か月で、-3.4kg、-3.6kgといった結果が出たそうです。

(参照元ブログ:http://ameblo.jp/yukkysnowy/entry-12175449456.html

http://ameblo.jp/reini-w/entry-12175852096.html

 

特にウエストが10cm減ったというのは、大きいですね!

 

青パパイヤは、スムージーの他、ヨーグルトに入れたり、サラダ、野菜炒め、ピクルス、カレーなどにしていました。

効果に個人差はあるでしょうが、ウエストがそんなに減るなら試してみたいですね。

やっぱ、脂肪分解酵素の働きが大きいのでしょうか?

 

酵素ダイエットは、サプリメントやジュースなど、いろいろ販売しています。

しかし、日本の加工品は基本的に80度以上の加熱処理が義務付けられているので、酵素が本当に壊れず残っているのか甚だ疑問です。

それよりは、フレッシュな野菜や果物を生で食べたほうが、確実性は高いと思いますね~。

青パパイヤ、入手難しそうですが、旬の夏ならできそうなので、試してみたいものです。

 

 - スーパーフード, 美容・ダイエット, フード・グルメ ,