『ファインディング・ニモ』ドリーの健忘症、マーリンの面白い話設定の元ネタは?

   

ピクサー映画『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』。

1作目は、ジョークが得意(とされているが、全然面白くない)カクレクマノミ・マーリンが主人公。

2作目は、すぐ忘れちゃう、健忘症のナンヨウハギ・マーリンが主人公。

どちらも特徴的なキャラクター設定がされてますね。

これには、元ネタがあるって知ってました?

(トップ画像: www.northvancouver.com)

 

スポンサーリンク

カクレクマノミが面白いことしか言わない設定の理由

出典:http://kids.disney.co.jp/character/nemo.html

出典:http://kids.disney.co.jp/character/nemo.html

「カクレクマノミなんだから面白い事言って」

「カクレクマノミなのにつまらないヤツだ」

「カクレクマノミは笑いにうるさいんだ」

 

1作目『ファインディング・ニモ』で度々ジョークを振られる、カクレクマノミのマーリン。

なんで、カクレクマノミは面白い事言えるとみんな思ってんの?

初めて観た時、不思議でした。

特にそんな説明的な前振りも、全然ないですしね。

 

これは、日本語訳ならではの、伝わらない設定です。

日本語では、ニモとマーリンは、「カクレクマノミ」と紹介されています。

でも、英語では「Crown fish」と紹介されています。

クラウンフィッシュ・・・

クラウン=「Clown」

=「ピエロ・道化師」

→「面白いこと言って!」

 

ああ~~、な~~~~るほど!

これは、日本人は気づかないわ。

 

ちなみに、ニモとマーリンが本当に「カクレクマノミ」かどうかは、前記事参照→ 『ニモ』のモデルのお魚、「カクレクマノミ」じゃなかった!?「クラウンフィッシュ」とは?

 

 

ドリーの健忘症はどこから?

出典:http://kids.disney.co.jp/character/dory.html

出典:http://kids.disney.co.jp/character/dory.html

健忘症で、すぐに忘れる青いナンヨウハギのドリー。

英語が読めるし、クジラ語も話せる!

実はすごく頭いいんじゃ・・・。

 

これは、「魚は3秒しか記憶がもたない」という俗説が元になっています。

 

監督が「金魚が5秒しか記憶がもたない」という話を聞いて、面白い!と作ったキャラクターがドリーです。

それにプラスして、恐怖や喜びなど、強い感情を持った時は印象として残っているという、人間の記憶と共通する特徴を持ってるそうですよ。

 

ちなみに、「魚は3秒しか記憶がもたない」という俗説は、事実です。

イルカなどの哺乳類が高い知力を持つことで知られています。

それに対し、魚類の知力は低く見られがちでした。

 

しかし、最近の研究では、魚もかなり高度な知力を持っていると考えられているそうです。

熱帯魚のグッピーは、マウスと同程度の知力があるんだとか。

迷路で道順を学習したり、個体の特徴を見分ける能力があるそうですよ。

 

プリマス大学の研究によれば、金魚は三ヶ月まで記憶を保持できるそうです。

うっかり餌やり忘れた日には、3か月は覚えられているかもしれないってことですね。

魚だからって、きちんと可愛がってあげないと、嫌われちゃうかもしれませんね~。

 

ディズニーの魅力的なキャラクター達。

作り手は、いろんなところからアイデアを持ってきているんですね。

それって、広くいろんなことに興味があるってことで、好奇心旺盛。

スタッフも、ディズニーキャラクターみたいなんですね~。

 

関連記事

『ファインディング・ドリー』ニモ役声優が変わった理由!日本語吹替え声優の決め方とは?

ベビードリー声優、子役の「青山らら」ちゃんって?

『ファインディング・ドリー』日本語吹き替え版声優まとめ!芸能人が本人役で出演!

 

 - 映画あれこれ, エンターテイメント ,