キビ酢がダイエットに効果あり!最適な飲み方・タイミングは?

   

ダイエットに効くお酢といえば、黒酢、りんご酢、ざくろ酢なんかが有名ですね。

しかし、最近メディアでじわじわ話題になっているのが、キビ酢!

サトウキビから作ったお酢です。

砂糖の原料・サトウキビから作ったお酢は、意外なことに低カロリー。

かつ、ミネラル豊富でダイエットに向いている飲むお酢なんです!

 

スポンサーリンク

キビ酢の栄養成分と効果・効能

キビ酢の原料は、サトウキビ。

酵母菌と酢酸金による自然発酵で造られます。

生産地は、加計呂麻(かけろま)島

鹿児島と沖縄の間にある奄美大島から、さらに海を渡ったところにある島です。

そこで400年ほど前から伝統的に作られてきたそうです。

 

キビ酢の特徴は、低カロリーとミネラル分の多さ!

栄養成分 キビ酢 米酢
カロリー(kcal) 21 46
ナトリウム(mg) 4 12
カルシウム(mg) 20.4 2
マグネシウム(mg) 12.5 6
鉄(mg) 0.67 0.13
カリウム(mg) 125 16

カロリーと塩分(ナトリウム)が少なく、鉄分豊富!

カルシウムとマグネシウムは、骨を作るのに必須です。

カリウムはむくみ対策に必要な栄養素。

 

キビ酢はポリフェノール含有量も多く、実に13種類ものポリフェノールが含まれています。

これは、アンチエイジング効果も期待できちゃいますね。

 

さらに、キビ酢がダイエットに効くと言われているのに、特有の成分、オクタコサノールがあります。

オクタコサノールには、代謝を上げ、脂肪燃やす働きがあるとされています。

また、マンニトールという整腸作用がある成分も、キビ酢に含まれています。

お通じの改善や、利尿作用によるデトックス効果が期待できるというわけですね。

 

 

キビ酢ダイエットの効果的な飲み方!

ダイエット効果を狙うなら、飲む回数は1日4回!

水で4~5倍に薄めたキビ酢を、

朝、昼、晩、寝る前の、飲むのが良いとされています。

 

お酢は、胃腸の弱い人などは酸の効果で、体内にダメージを与えてしまう可能性があります。

ですので、胃腸に自信のない方や、体調が優れないときは、空腹時を避け、食後に飲むのがいいと思います。

 

おすすめキビ酢はこれ!

メディアに紹介され、人気をあげてきた元祖・かけろまキビ酢。

昔ながらの製法で、大量生産ができないため、売り切れていることもたびたびあります。

 

今では、沖縄県や種子島産のキビ酢なんかも売っています。

メディアで人気に火が付き、出回る量が増えてきていますね。

手軽にサプリメントなんかもあるみたいです。

迷ったら、熟成期間3年以上、国産サトウキビ使用、添加物なし、を選べばまず大丈夫だと思います。

できれば、元祖って気持ちもわかりますが、製造元が信頼できれば、後から作り出した会社でも全然いいと思いますので。

あと、飲むだけでなく、普通にドレッシングなどにも使えますよ。

普段使いにも、いいかもしれませんね。

 

こちらもおススメ

→ おからパウダー、大豆粉、きな粉の違い!ダイエットに一番効果的なのはどれ?

→ GACKT式ダイエットは厳しすぎ!それなら糖質制限で健康的に痩せる方法!

→ 痩せるスパイス一覧!ダイエット、夏バテにも!

 

 - その他 ,