自撮りで肌が老化する!?日焼け止めでは防げない、ブルーライトの脅威!

   

自撮り

イギリスのデーリー・テレグラフ(電子版)で「自撮り(セルフィー)」が肌の老化を促すという衝撃記事が!

スマホのライトや電磁波が顔の皮膚の老化を早め、しわが増えるなどお肌にダメージを与える恐れがあるとのこと。

それって本当?

どうすれば防げるの?

 

スポンサーリンク

スマホのブルーライトが肌によくない!?

記事をよくよく読むと、肌へ影響を与えるのは

「自撮り」ではなく、ブルーライト電磁波

衝撃的な見出しに惑わされましたが、自撮り好きな人だけでなく、

長時間パソコン・スマホを使う全ての人に当てはまることです。

って、余計、危ないわ!

 

まず、このブルーライトというもの。

名前の通り、青い光です。

ですので、青い色彩が入っている光には確実に含まれています。

例えば、殺菌灯とかは青いですよね。

 

あと、よく言われるのがパソコン、スマホ、テレビ。

白い光というのには、青い色彩が入っています。

光の三原色は、赤、緑、青。

この3色全てが混ざると、白い光になるのです。

なので白い光も、ブルーライトが含まれます。

特に、白いLED蛍光灯はブルーライトが多いそうです。

 

ということは、室内で紫外線防いでもブルーライトでお肌が劣化している可能性も・・・。

怖いですね。

 

とはいえ、ニュースの内容によると

専門家たちは、皮膚の老化は、携帯電話から発せられる電磁波によるDNAの損傷が原因だと考えており、DNAが損傷することで、細胞に酸化ストレスがかかり、皮膚の自己再生が阻害されるという。

医学的な臨床研究が行われたわけではなく、信憑性には疑問符も付くが、毎日何枚も自撮りをして、SNSに写真をアップしている人には見過ごすことはできないニュースだろう。

(引用:産経ニュース)

 

直接的な影響は、あるのかないのか、はっきりしない状態。

とはいえ、体内時計を狂わせ、新陳代謝を悪化させるという間接的影響は多大に考えられます。

やっぱり、浴び過ぎに注意が必要なのです。

そして、現代社会はかつてないほどブルーライトであふれている、と。

目に見えないからって、対策を怠っていると・・・

その不調の原因は、ブルーライトかもしれないわけですね。

 

日焼け止めは効果がない?

肌を光から守るものとして、思いつくのが日焼け止め。

紫外線からお肌を守ってくれます。

 

でも、ブルーライトは紫外線とは波長が違うので、日焼け止めでは効果がありません。

 

ブルーライトから肌を守る方法!

ブルーライトから守る方法と言えば、真っ先に思い浮かぶのはメガネ。

ブルーライトカットメガネは、もはやメジャーなアイテムですね。

 

私も視力は裸眼で1.5と、全く問題ないのですが、PC・スマホ使用時のみメガネをかけています。

JINSで買った、ブルーライト55%カットするやつです。

正直、使うまでは効果は疑っていました。

でも、メガネと言うものに憧れがあったので、ファッション気分で試しに買ってみたんです。

 

実際、使ってみると効果実感します。

特に、ケータイゲームを1時間しても、まったく目が疲れなくなったことが大きいです!

小さい画面でのゲームは正直目が疲れるので、30分くらいしかできなかったんですが。

メガネしてると、けっこう長時間でも平気なので。

それはそれで、時間泥棒ですから、困りものなんですけどね(笑)

 

あと、肌に塗るタイプのブルーライトカット商品もありました。

紫外線とブルーライトをカットしてくれる日焼け止め。

 

あと、ミストタイプ。

 

 

 

探してみると、ブルーライト対策商品って割と出てます。

多分、これからもっと増えてくると思います。

紫外線とブルーライトカットが常識になる未来・・・予想できちゃいますね。

 

 - 美容・ダイエット ,