「べっぴんさん」は方言?もとの意味・由来はあの料理!?

   

美人のことを「べっぴんさん」と言いますね。

九州や関西方面の方言です。

京ことばとしても知られていますが、語源は愛知県にあります。

実は、もとは美人という意味ではなかったんですよ。

 

スポンサーリンク

「べっぴんさん」の由来!元の意味は「○○丼」!?

京ことばで美人を意味する「べっぴんさん」。

漢字で「別嬪さんと書きます。

 

「嬪」は、古来、天皇のに使える女官、いわゆる側室のこと。

高貴な女性を意味する言葉です。

「別嬪」は「嬪」の中でも別格の美人という意味です。

 

ちなみに、化粧をしていない女性を意味する「すっぴん」も「素嬪」。

「嬪」の素顔ということですね。

歌舞伎界で使われていたそうですが、それが芸能界に入り、世間一般に広まったらしいです。

 

閑話休題。

美人を意味する「別嬪」は、もともとは「別品」と書き表しました。

実は、「別品」って江戸時代に「うな丼」のことを言ってたそうですよ!

 

「べっぴん」の語源を作った鰻屋は今でもある!

うな重 うな丼 鰻

「べっぴんさん」の語源となった鰻屋は、愛知県豊橋市にあります。

JR豊橋駅近くの鰻屋『丸よ』

江戸時代創業の老舗です。

 

『丸よ』のルーツである割烹屋『織清』の主人が、当時流行だった「うな丼」をメニューに加えました。

PRのため、他とは違う良い品だという意味で看板に

「頗(すこぶる)別品」

の三文字を画家の渡辺小崋に頼み、書いてもらいました。

これにより、「うな丼」は瞬く間に人気の品に。

 

「うな丼」の流行と共に「べっぴん」も優れた物を意味する流行語に。

言葉は名古屋に伝わり、やがて全国に広まったそうです。

 

「別品」は良い品物だけでなく、美しい女性にも使われるようになりました。

しかし、「女性は品物ではない!」ということで、「嬪」の漢字が使われるようになったそうですよ。

当て字好きの夏目漱石は、真っ先に「別嬪」の字を使っていたようです。

 

なお、「べっぴん」の由来については、明治27年発刊の風俗画報に記録されているそうです。

国立国会図書館で閲覧できるようです。

 

「べっぴんさん」、京ことばだと思っていましたが、ルーツは愛知にあったのですね。

そして当時の流行語として、東京、全国へと広まったんですね。

なんか、言葉の意味や使われ方が変わっていくのは、現代とそんなに変わらないもんですね。

 

こちらもおススメ

→ 重版出来(じゅうはんしゅったい)意味と意外な読み方事情いろいろ!

→ 「花散らし」=「合コン」!?お花見で気をつけたい「桜言葉」の本当の意味!

→ 「ぼたもち」「おはぎ」の違い!春夏秋冬で名前が変わる、日本人の駄洒落文化!

 

 - その他 ,