陸上・桐生祥秀選手のプロフィール!「10秒の壁」越えた!?100m9秒台の日本最速誕生!?

   

出典:http://www.huffingtonpost.jp/toto-dream/kiryu_b_9528172.html

陸上男子100メートルで、日本人初の9秒台を狙えるところまできました。

桐生祥秀(きりゅう よしひで)選手。

日本学生個人選手権の男子100メートル準決勝で日本歴代2位の自己記録に並ぶ10秒01を記録。

世界ランキング12位相当だそうです。

 

自己最高記録は、9秒87。

日本人で唯一の9秒台。

まさに、日本最速の男ですよ!

(トップ画像:http://www.huffingtonpost.jp/

 

スポンサーリンク

桐生祥秀選手のプロフィール

氏名:桐生祥秀(きりゅう よしひで)

生年月日:1995年12月15日

出身:滋賀県彦根市

学歴:洛南高校卒業

東洋大学(2016年6月現在)在籍

 

自己最高記録:9秒87(2015年3月28日テキサスリレー、当時19歳)

自己記録2位:10秒01

(2013年4月織田記念100m予選、当時17歳

2016年6月日本学生個人選手権100m準決勝、当時20歳 の2回)

 

桐生選手は小学校まではサッカーをしていました。

お兄さんが一人いて、同じく小学校ではサッカー。

中学から陸上を始めたので、その影響があってか、桐生選手が陸上を始めたのは中学からだそうです。

 

中学3年生の時、200mで全国2に。

高校は、陸上の名門である京都の洛南高校に進学。

毎日、朝練習のため、朝5時過ぎに起きて、彦根から6時の電車に乗って学校に通っていたそうです。

 

洛南高校の練習で「スピードバウンディング」を、桐生祥秀選手が行っている動画がありました。

これだけ見ても、速っ!って思います。

 

高校3年生の夏のインターハイで、100m、200m、400mリレーを含めて「3冠」を受賞。

大学1年時は、世界ジュニア100mで銅メダル、400mリレーで銀メダルを獲得しています。

しかも、銅メダルを取った時は、

途中で両足がつり、痙攣したまま走ったというから、クレイジー!

 

2015年3月28日、テキサス州オースティンで行われたテキサスリレーでは、

987の自己最高記録を叩きだしました。

 

この時は追い風だったため、本当の実力が計りかねるような話でした。

しかし、追い風を入れても、100mを9秒台で走ったのは国際陸連の記録リストでも40人しかいないそうです。

日本人はもちろん、アジア人でも唯一!

桐生祥秀選手しかいません!

 

桐生選手はインタビューで、

日本の陸上界を盛り上げるためにも9秒台を出さないといけないと思っています。

注目されている中で出したいと思いますし、出るときは出ると思っています。

練習では9秒台も出ていますし、個人的には大会でもそろそろ出るかなと思っています。

(引用:http://www.huffingtonpost.jp/toto-dream/kiryu_b_9528172.html

 

また、東洋大学の土江寛裕コーチは、桐生選手を

「レースになるとリミッターが外れる選手」

と言っています。

 

これは、もしかしたら世界の大舞台、例えばオリンピックで、初の日本人9秒台・・・!?

 

 

2016年6月現在、世界最速記録は、ウサイン・ボルト選手の2009年世界陸上、9秒58

日本記録は伊東浩司選手の10秒00でした。

公式記録で、ぜひ、9秒台に塗り替えられることを期待します。

そして、その瞬間が見れるように、陸上の大会はチェックしておかないと!

 

こちらもおススメ

→ ベア・グリルス「人類史上最強の冒険家」のサバイバル術が勉強になる!?

→ ユリア・リプニツカヤの可愛い容姿と厳しい言葉!生い立ちが関係?

→ 伊熊啓輔「50歳になったら指揮者になる!」ブロードウェイ史上初日本人指揮者の経歴!

 

 

 - スポーツ, 世界で活躍する日本人