前田健さん死因「虚血性心不全」とは?原因と予防方法!

   

医療 心電図 ハート

タレントの前田健さん、突然の訃報。びっくりしました。

まだ44歳と若いのに・・・。

 

死因は「虚血性心不全」。虚血性心疾患の類です。

虚血性心疾患は、突然死の中でも最も多いと言われています。

 

虚血性とか言われると、どんな病気かと思いますが、いわゆる「心筋梗塞」や「狭心症」のことです。

原因となるのは、不摂生な生活。

肥満、高血圧、糖尿病などです。

分かっちゃいるけど、やめられない。

それでは、いつ死んでもおかしくないということを、自覚させられるニュースです。

 

スポンサーリンク

虚血性心疾患とは?突然死は防げないのか?

「虚血性心疾患」とは、心臓を動かしている筋肉(心筋)に血液がいかなくなってしまったために起こります。

心臓にある冠状動脈という専用の血管が狭くなり、心臓に血液が行かなくなった状態です。

 

 心筋に血液が送られないと、酸素や栄養素が行かなくなり、細胞は壊死します。

すると、急激に心臓の機能が低下し、命を落としかねないのです。

 

虚血性心疾患の代表的なものは、「狭心症」「心筋梗塞」があります。

心筋梗塞の方が、死亡率が高いです。

 

どちらも、直接の原因は、動脈硬化

動脈硬化を引き起こす原因は、血栓

血栓ができるのは、生活習慣原因があります。

つまり、虚血性心疾患による突然死は、不摂生によるものが大半なのです。

 

狭心症の症状

胸が締め付けられるような痛みの発作が起こります。

「押しつぶされるような」「息が詰まるような」「しびれるような」といった感じの痛みです。

痛みは、胸全体で起こり、場所がハッキリしないことが多いです。

胸の痛みは2~3分で治まることが多く、長くても15分くらいです。

 

狭心症の痛みは、走ったり、階段の上り下り、入浴などで起きます。

また、精神的ストレスによって起きることもあります。

痛みが数分で収まるため、後回しにしがちですが、命にかかわる病気です、

病院できちんと診察してもらうことが大切です。

 

心筋梗塞の症状

心筋梗塞は、突然の激しい胸の痛みに襲われます。

安静時や就寝中に発作に襲われることが多いのが特徴です。

痛みは30分から数時間も続きます。

 

痛みの場所も胸だけでなく、みぞおち、左肩や左腕、首やあごなど広く波及することが多いようです。

急性の心筋梗塞の場合、直ぐに病院で処置を受けることが重要です。

早ければ早いほど救命率は上がります。

 

 

虚血性心疾患の危険因子!こんな人がなりやすい!

狭心症も、心筋梗塞も直接の原因は動脈硬化です。

動脈硬化を引き起こす可能性が高い、代表的な危険因子5つは以下の通りです。

・高血圧

・高脂血症

・喫煙

・糖尿病

・肥満

 

有名な米国フラミンガム心臓研究というものがあります。

それによると、虚血性心疾患になる確率は危険因子を持たない人に対して、持つ人は以下のように倍率があがるそうです。

 ・喫煙…………………………………2倍
・高血圧症……………………………3倍
・高脂血症……………………………4倍
・高脂血症+糖尿病…………………16倍
・高脂血症+高血圧症………………16倍
・高脂血症+糖尿病+高血圧症……32倍

 

動脈硬化の予防方法

虚血性心疾患の予防は、動脈硬化を予防するに他なりません。

動脈硬化にならないようにするには、普段の生活習慣が大切です。

具体的には、食事でしたら以下のように摂生を心がけること。

・塩分を控えめ

・糖分控えめ

・野菜を多くとる

・食物繊維を多くとる

・青魚を多くとる

また、生活習慣では禁煙、適度な運動、過度にストレスを溜めこまないことが予防につながります。

とはいえ、そんなこと分かってはいるんですよね。

前田健さんも、「不摂生は分かっているけどやめられない」という趣旨の発言をしていましたし。

自分の為だけに、摂生を心がけるって難しいと思います。

誰か大切な人のために、健康でいようと考えた方が、生活習慣を改善するモチベーションになると思いますね。

 

次のおすすめ記事

→ コーヒーで血栓予防!インスタントでもOK!さよならドロドロ血液

 

 - 健康・医療