「たこつぼ心筋症」とは?ストレスが原因!?日本で発見された変な病気!

   

英語で「Takotsubo cardiomyopathy」

もしくは、「タコツボ」だけでも通じるらしいです。

日本で発見された奇妙な名前の病気ですが、大きな原因はストレス。

発症率は女性に圧倒的に多いそうです。

 

スポンサーリンク

「たこつぼ心筋症」とは?

「たこつぼ心筋症」は日本で発見された病気です。

心臓の一部が収縮しなくなり、左心室がタコツボのような形にしぼむため、この名前がつけられました。

原因不明でしたが、背景にストレスがあると考えられています。

 

この病気の研究は、欧州および米国の26の医療施設から成る「国際たこつぼ登録」と呼ばれるデータベースを作って行われています。

 

 

「たこつぼ心筋症」の特徴

 

・精神や神経の病気の人が多い

・発症者の8割が女性

・発症者の平均年齢は66.8歳

 

・死亡率は1人、1年当たり5.6%

 

心臓に関わる病気で、死に至ることもある恐ろしい病気です。

 

震災の後に発症している?

「たこつぼ心筋症」は、震災などの大きな災害の後に発症する人が多くなります。

 

2004年10月23日の新潟県中越地震前後では、地震前の4週間では1症例でした。

しかし、地震後の4週間では25症例と急に増えていることが報告されています。

 

2011年3月11日の東日本大震災後にも多数の症例があったとの報告もあります。

 

2016年4月14日からの熊本地震では、エコノミー症候群と並んで発症が懸念されています。

心臓に関わる病気のため、異常を感じたら直ぐに誰かに相談して、処置をしてもらえるように注意喚起がなされています。

 

特に、避難所生活はみんながストレスを感じているもの。

「みんなが我慢しているのに、自分だけ・・・」

と言い出すのを遠慮しがちです。

しかし、処置が遅れれば死に至ることもあります。

 

欧州および米国の26の医療施設から成る「国際たこつぼ登録」では1750例のデータを解析。

誘因と考えられるのは、

・身体的ストレス 36%

・感情的ストレス 27.7%

 

特に60歳以上の女性に多いことから、女性ホルモンの減少との関係性も示唆されています。

女性は男性よりストレスに強いことが多いのですが、閉経後は逆にストレスに弱くなるという研究結果もあります。

生物的にそうなので、無理せず異常を感じたら直ぐに誰かに頼ることが、とても大切なことなのです。

 

次のおすすめ記事

→ 悪玉コレステロールを下げる方法は危険!?実は間違っていた健康の常識!

→ 指定難病の方がつける「ヘルプマーク」とは?東京都内以外でも入手可能?

→ 失明率1位の黄斑変性症ってどんな病気?予防法・治療法は?

 

 - 健康・医療