ドラマ『重版出来!』黒木華さんは漫画好き!プロフィールと出演作品!【ネタバレ】

      2016/04/12

出典:http://person-edit.com

個人的に今最も推したい女優ナンバー1の黒木華さん。

2016年4月12日スタートのTBSドラマ『重版出来!』で主演を演じます!

漫画原作で、脚本の方がちょっと不安ですが・・・。

プロデューサーが、『コウノドリ』『ビリギャル』を手掛けた那須田淳さんですので、期待してます。

漫画雑誌の編集部を描いたお仕事漫画ですが、さて、主演の黒木華さんの役どころ・見どころは~?

(トップ画像:http://person-edit.com)

 

スポンサーリンク

黒木華さんのプロフィール!おススメ出演作品!

出典:http://toranet.jp/contents/entertain/sp-interview/12549/

出典:http://toranet.jp/contents/entertain/sp-interview/12549/

本名:黒木 華(くろき はる)

生年月日:1990年3月14日

出身:大阪府高槻市

身長:164 cm

血液型:B型

学歴:追手門学院高等学校 卒業(演劇部)

京都造形芸術大学・芸術学部映画学科俳優コース 卒業

所属:パパドゥ

 

黒木華さんの女優デビューは舞台から。

大学在学中だった2009年に野田秀樹さんの演劇ワークショップに参加。

オーディションに合格してNODA・MAPの公演『ザ・キャラクター』にアンサンブルとして出演したのがデビュー作。

さらに番外公演の『表に出ろいっ!』で、ヒロイン役のダブルキャストの一人として舞台に立っています。

その後も舞台で活躍しながら、2011年に『東京オアシス』で映画デビュー。

 

2012年には、『おおかみこどもの雨と雪』声優初挑戦。

出典:映画「おおかみこどもの雨と雪」より

出典:映画「おおかみこどもの雨と雪」より

雪ちゃん役で、語り部としても活躍してました。

 

NHK朝ドラ『純と愛』にも出てました。これ、覚えてなかったですが、フロント役の女の子ですね。関西弁の。

 

そして、2013年ドラマ『リーガル・ハイ』の本田・ジェーン役。

出典:http://trends-xoxo.up.seesaa.net

出典:http://trends-xoxo.up.seesaa.net

これで黒木華さんを知りました~。

なんか、二面性ある役柄が多い気がしてきましたね(^^;)

 

2014年山田洋次監督『小さいおうち』第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。

これで、黒木華さんの名前を知った方も多いのではないでしょうか?

主演の松たか子さんを差し置いての、まさかの受賞でしたから、びっくりです。

「演技力が群を抜いていた」と評されました。

『小さいおうち』で黒木華さんは、第38回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞受賞

エランドール賞新人賞受賞しました。

 

2015年『天皇の料理番』で主人公の妻・高浜俊子役で出演。

出典:TBSドラマ『天皇の料理番』2015年

出典:TBSドラマ『天皇の料理番』2015年

大人しく控えめながらも、芯の強い女性を演じ高評価!

黒木華さんと、鈴木亮平さんに、めちゃくちゃ泣かされました。

和装が本当に似合っていて、今、時代劇が最も似合う女優だと思っています。

 

2015年に映画『ソロモンの偽証』『母と暮らせば』、2016年大河ドラマ『真田丸』と話題作の続々出演。

そして、2016年ドラマ『重版出来!』テレビドラマ初主演です。

おめでとうございます!

 

では、黒木華さんの演技力が光る代表作まとめ

・『おおかみこどもの雨と雪』(声優)

・『リーガル・ハイ』2期 連続ドラマ

・『小さいおうち』映画

・『天皇の料理番』連続ドラマ

・『幕が上がる』映画

・『ソロモンの偽証』前後編 映画

・『真田丸』大河ドラマ(13話で死んじゃう役)

個人的には、リーガルハイと天皇の料理番が最高だと思います。

 

黒木華さんの家族構成や趣味は?パンク好きで漫画好き!意外なギャップ

黒木華さんの家族構成は、父・母・弟の4人家族のようですね。

「華」とかいて「はる」と読む珍しい名前は本名です。

 

よく間違われるそうですが、

のようにやかに生きて欲しい」

という願いを込めて、「華」とかいて「はる」という名前をつけたそうです。

 

黒木華さんの外見は、派手ではなく、昭和っぽい雰囲気ですよね。

そこが大きな魅力なんですが。

外見からはちょっと意外なのが、パンクロック好きということ。

シド・ヴィシャスをよく聴くそうです。

 

主演ドラマが『重版出来!』という、漫画雑誌編集部の話。

好きな漫画を聞かれて「亜人」「東京喰種トーキョーグール」と答えてました。

うん、面白いですよね~。

 

でも、「重版出来!」は小学館ですからね。

小学館の漫画を答えるべきですよね。うっかりさんですね。カワイイ!

「萩尾望都さんや松本大洋さんの作品が好きです」

(引用:http://www.asagei.com/excerpt/56067)

と付け加えてましたが、その名前が出てくるあたり、漫画好きなのがうかがえます。

「ポーの一族」と「鉄コン筋クリート」の作者さんですね。

まだ20代と若いのに、よく知ってますね~。

 

『重版出来!』黒木華さんの役どころ・見どころは?

黒木華さんの演じる、黒沢心(くろさわ こころ)は、漫画雑誌編集部の新入社員。

そして、元柔道オリンピック代表候補

 

漫画通りなら、第1話から見事な一本背負いのシーンがあります。

出典:小学館『重版出来!』第1巻 著・松田奈緒子

出典:小学館『重版出来!』第1巻 著・松田奈緒子

黒木華さんは役作りのため、2015年10月から柔道場に通い猛練習したそうです。

しかも、黒木華さん実は剣道の経験があり、柔道の師匠から「筋がイイ!」と大絶賛だったとか。

 

これは、期待値高まります。

『重版出来!』は、お仕事漫画として原作も読み応えたっぷりです。

特に、漫画家だけでなく、雑誌を作るために、売るために、様々な人がそれぞれの思いをもって苦心しながらもプロとして仕事をしている姿が素晴らしいです。

この漫画を読んでしまうと、漫画雑誌を読むとき見る目が変わりますよ。

特に、グラビアの話が好きですね。修正するって良くないイメージ持ってましたが、あれもプロの仕事には美学があるんだと思いました(^^)

原作自体が面白いので、ドラマも期待してます!

 

次のおすすめ記事

→ 重版出来(じゅうはんしゅったい)意味と意外な読み方事情いろいろ!

→ 『重版出来!』五百旗頭の名字の由来!オダギリジョーがイケメンすぎる!

→ 本屋大賞ができた理由!直木賞・芥川賞との違いと、今後継続の問題点

 

 - テレビ , , ,