重版出来(じゅうはんしゅったい)意味と意外な読み方事情いろいろ!

   

本 書店

黒木華さん主演でドラマ化の『重版出来!』。

正しい読み方は「じゅうはんしゅったい」です。

が、過去に週刊少年ジャンプで、「重版出来」に「じゅうはんでき」のルビが振られていたことがあったそうです。

なんで、出版社がそんな間違いをしちゃったのか?

そこには、「重版出来」という日本語ゆえの裏事情があったんですね。

 

スポンサーリンク

声に出して読めない日本語「重版出来」の読み方は?

「重版出来」の読み方は「じゅうはんしゅったい」が正しいです。

出版・印刷業界用語で、初版の発行部数を上回って更に発行することを言います。

重版出来!

出典:『重版出来!』1巻    著・松田奈緒子

 

ですが、どうやら出版社によっては間違いを承知「じゅうはんでき」と読むところもあるそうです。

 

過去に、2013年3月17日発売の週刊少年ジャンプ2013年16号で、「重版出来」に「じゅうはんでき」のルビが振られていて話題になったことがあります。

 

出版業界では実務上「出来(でき)」と読むことが多いみたいです。

「しゅったい」という言葉があまり浸透してないため、正しい読み方なのに相手に伝わらないケースが多いから、最初から「出来(でき)」と言ってしまっているところもあるみたいですね。

 

その内、どっちの読み方でも合ってることになりそうです。

言葉は生き物。時代に合わせて変化しますから。

 

「世論」みたいなものです。

もともとは「せいろん」「せろん」と読むのが正しいとされていました。

しかし、「よろん」という読みの方が広く浸透しているので、もう「よろん」でも合ってるってことになりました。

ちなみに、元は「輿論」と書いて「よろん」です。

 

他にも「独壇場(どくだんじょう)」とかね。

「独擅場(どくせんじょう)」が本来使われていたんですけどね。

 

「重版出来」意味的には「じゅうはんでき」が正しいのだ!

「出来」は、元々は「しゅつらい」と読まれていたそうです。

それが変化して「しゅったい」と読むようになったんですって。

 

そして、意味は「物事ができあがること。完成。」

そう、「出来上がること」→「出来(でき)」なんですよね。

だったら読み方も「でき」でいいじゃないかと思っちゃいました(^^;)

 

「重版出来(じゅうはんしゅったい)」も「重版するくらいの出来(でき)」とする意味が込められているそうですから、やっぱり「重版出来(でき)」と読むべきじゃないかと思うのですが・・・日本語は摩訶不思議ですね。

 

まあ、その内意図が伝わりやすい「重版出来(じゅうはんでき)」が生き残るのではないかと思っていますが、ドラマの出来次第では「重版出来(じゅうはんしゅったい)」が世間に浸透するかもしれませんね。

 

次のおすすめ記事

→ 「花散らし」=「合コン」!?お花見で気をつけたい「桜言葉」の本当の意味!

 - その他 , ,