ガリガリ君の赤城乳業CM「値上げ」の歌が気になる!高田渡さんの名曲らしいが・・・

   

出典:赤城乳業CMhttps://www.youtube.com/watch?time_continue=43&v=3rfU3zaoRz8

2016年4月1日、2日の二日間限定で流れている赤城乳業さんのCM。

25年ぶりの「値上げ」を謝罪する内容のCMなんですが、歌が異様に耳に残ります。

このために作曲したのかと思ったら、昭和に作られた曲なんですね。

歌っているのは、高田渡さんというフォークシンガー。

56歳という若さで、亡くなられています。

(トップ画像:赤城乳業CM

 

スポンサーリンク

高田渡さんの経歴・プロフィール

出典:http://www.good-weather-studio.com/nozawa/costar/wataru.html

出典:http://www.good-weather-studio.com/nozawa/costar/wataru.html

本名:高田 渡(たかだ わたる)

生年月日:1949年1月1日

没年月日:2005年4月16日(満56歳)

出身:岐阜県北方町

学歴:東京都立市ヶ谷商業高等学校卒

職業:フォークシンガー

 

父親は、詩人・活動家・元共産党員の高田豊さん。

息子さんが、ドラマ「グーグーだって猫である」の音楽を担当した、マルチ弦楽器奏者の高田漣(たかだ れん)さんです。

 

高田さんの父親は資産家でしたが破産し、東京都深川の援護施設で父子生活をしていたそうです。

1960年代にアマチュアフォークシンガー集団「アゴラ」として活躍。

1968年「自衛隊に入ろう」という皮肉たっぷりの楽曲で、観客に衝撃を与えたそうです。

歌詞の一部がこれ。

自衛隊に入ろう 入ろう 入ろう

自衛隊に入れば この世は天国

男の中の男はみんな

自衛隊に入って 花と散る

(引用:http://j-lyric.net/artist/a0027b4/l02115b.html)

これは、スゴイ。

米ソ冷戦時代の歌ですが、2番の歌詞もスゴイです。

皮肉しかない歌詞です。

 

1960年後半に関西フォーク・ムーブメントの中心として活躍されたそうです。

歌詞からして、強烈ですもんね。

 

1970年代になると東京に拠点を移し、「吉祥寺フォーク」の第一人者的存在になりました。

シバ、友部正人、いとうたかお、なぎら健壱、佐藤GWAN博、林ヒロシ、などの方々と一緒にご活躍されてたそうです。

 

2005年に心不全のため、56歳という若さでお亡くなりになりました。

北海道白糠町でのライブの後に倒れて入院。

そのまま入院先の釧路市の病院死去。

死の直前に病院でカトリックの洗礼を受け(洗礼名パウロ)、葬儀ミサはカトリック吉祥寺教会で執り行われたそうです。

 

「値上げ」ってどんな曲?

1960年~1970年、日本経済は高度経済成長期。

インフレ公害の激化が問題になっていました。

1971年のニクソンショック後は、インフレが加速。

1ドル360円の固定相場制から、変動相場制になり円高が進みました。

 

そんな時代に作られたのが「値上げ」だったんですね。

歌詞の一部を抜粋。

値上げの時期は考えたい

値上げを認めたわけではない

すぐに値上げはしたくない

値上げには消極的であるが

年内値上げもやむを得ぬ

近く値上げもやむを得ぬ

値上げもやむを得ぬ

値上げにふみきろう

(引用:http://j-lyric.net/artist/a0027b4/l004d8a.html)

悩みながらも、最終的に値上げするしかないという現実・・・。

50年近い時を経て、再び「値上げ」の時期が巡ってきたという・・・なんか哀愁を感じてしまいますね。

昔の曲って、すごいな。

 

次のおすすめ記事

→ 美しい・・・JTのCM美女リヴ・オドリスコールさんのwiki風プロフィール調べてみた

→ 映画「アンドロメダ…」70年代マイナーでも、超オススメ!【ネタバレ】

→ 高倉健と江利チエミの関係が切ない・・・映画『鉄道員(ぽっぽや)』

 

 - エンターテイメント , , , ,