バターコーヒーダイエット!グラスフェッドバター代用はAOCバターでもOK!

   

コーヒー

シリコンバレー式『最強の食事』という本の影響でか、バターコーヒーダイエットなるものが流行ってます。

それが、単にコーヒーにバターを入れればOK!

ってわけじゃなくって、グラスフェッドバターという特殊なバターを使えとのこと。

難易度高い!もっと手軽にできる方法は・・・?

 

スポンサーリンク

バターコーヒーは昔からある飲み物

コーヒーにバターなんて、マズそう・・・。

と思いきや、意外と美味しい!

コクがあって、コーヒーに合いますよ。

バターだって元は牛乳ですもんね。

 

この、バターコーヒー。

急に流行りだしたので新しい飲み物かと思いきや、アジアの高山地帯で古くから愛飲されている歴史ある飲み物でした。

寒いし、資源も少ない高山地帯で、効率よく体を温めるために高脂肪のバターを溶かして飲むんだそうです。

 

シリコンバレー式は、グラスフェッドバターを使え!

グラスフェッドバターというのは、牧草だけを食べて育った牛の乳で作ったバターのこと。

普通は穀物飼料を食べているんですよね、飼われている牛は。

 

グラスフェッドバターは、中鎖脂肪酸が多く、ココナッツオイルと同じで脂肪になりにくくエネルギーに変換しやすいんですって。

あと、ビタミンAやビタミンEなど、栄養が普通のバターより多いんです。

 

その分、値段も高いし、日本ではあんまり売っていない・・・。

最近はネットで入手できますがね。

出典:http://item.rakuten.co.jp/kaisenshop/12919-1/

出典:楽天市場

 

代わりに、AOCバターでもいいそうです。

AOCってのは、フランスの質の高い農産物加工品につけられる、簡単にいえば品質保証マークです。

これだと輸入食品を扱っているお店とかで売っているし、お値段もちょっと安くなります。

 

シリコンバレー式バターコーヒーの淹れ方!

本で紹介されていたバターコーヒーの淹れ方です。

コーヒーにMCTオイル(ココナッツから抽出した中鎖脂肪酸オイル)大さじ1~2杯と、無塩バターまたはギー(無塩バターを精製したオイル)大さじ1~2杯を加えて、ブレンダ―などで撹拌する。

 

しっかり撹拌することで、バターがミセルという状態になり、脂肪を分解するんだそうです。

けっこう大変(^^;)

 

しかし、脂肪は肥満ホルモンであるインスリンがほとんど分泌されないので、ダイエットにはいいでしょう。

腹持ちいいし、カフェインで頭もさえて活動的になれば、エネルギーも消費しますしね。

 

次のおすすめ記事

→ オイルプリングが花粉症に効く!?「ココナッツオイルでうがい」という怪しい美容法!

→ GACKT式ダイエットは厳しすぎ!それなら糖質制限で健康的に痩せる方法!

→ ユーグレナでダイエットは嘘!?世界で初めてミドリムシ大量培養に成功した日本人!

 

 - 美容・ダイエット , ,