タイガーナッツ!ダイエットで最も効果を発揮する食べ方は?

   

道端アンジェリカさんが愛用していることで有名な、タイガーナッツ。

ナッツといいつつ、実は野菜の仲間という個性的なスーパーフードです。

ダイエットに使える!というタイガーナッツの栄養成分と、効果的な食べ方を調査検証します!

(トップ画像:ライブドアニュース

 

スポンサーリンク

タイガーナッツとは?

タイガーナッツの歴史は古く、200万年以上前からアフリカで食料として食べられてきました。

スペインでは、オルチャータデチュファ(Horchata de Chufa)というタイガーナッツで作る飲み物もあるそうです。

その正体は、実はナッツではありません。

見た目はナッツっぽいですが、カヤツリグサの塊茎で、野菜に分類されます。

塊茎ってのは、ジャガイモとかイモ類ですね(^^)

 

このタイガーナッツが最近の研究で、いろんな健康効果があるよ~と注目がうなぎ上りになってるんですよ。

 

タイガーナッツの効能と栄養成分

栄養成分 100gあたりの成分量
エネルギー 496.8kcal
炭水化物 30.55g
脂質 24.90g
タンパク質 4.58g
食物繊維 33.04g
リン 34㎎
マグネシウム 90㎎
カリウム 710㎎
ナトリウム 12㎎
カルシウム 90㎎

 

タイガーナッツの栄養成分特徴

・豊富な食物繊維(チアシードより多い!)

・良質な脂質(オリーブオイル同様の効果が期待できる!)

・マグネシウムたっぷり!(体のあらゆる機能に必須!)

・カリウムがバナナよりも多い!(体内水分調整)

・ビタミンEが豊富(アンチエイジング効果!)

 

また、不溶性食物繊維が豊富なので、血糖値の上昇を抑制する作用もあります。

アーモンドやお米と同じく、タイガーナッツもベジタブルミルクを作ることができ、ナッツアレルギーの方でも食べられます。

 

関連記事→ 第3の牛乳『ライスミルク』とは?購入方法と、より本物に近い作り方!

 

タイガーナッツの効果的な食べ方と、摂取目安!

では、どうやって食べたらダイエットに効果的なのか?

 

豊富な食物繊維が含まれているので、食べるタイミングは食前がベスト!

最初にタイガーナッツを食べて、それから他のおかずや主食を食べるのが効果的です。

血糖値の上昇を緩やかにするので、肥満ホルモンのインスリン分泌が抑えられます。

また、単純にお腹いっぱいになるので、全体的な食欲が抑えられます。

ゆっくり、よく噛んで食べることも重要なポイントですね。

 

摂取目安量は、1日8~13粒くらい。

保存は直射日光・高温・多湿な場所は避けて。

夏場は特に冷蔵庫にて保存することをお勧めです。

タイガーナッツは1年以上の長期保存が利く食材ですが、開封後は早めに食べきった方がいいです。

 

ネット販売だとスペイン産が多いです。

皮つき、皮なし、粉末の3種類。

そのまま食べられるので、お手軽ですね。

砕いてサラダにかけても、スムージーにしちゃってもいいですよ。

 

次のおすすめ記事

→ ゴジベリーの最も効果的な食べ方は?一日の摂取目安!

→ 美肌にはヒハツ(ピーヤシ)、シナモン、ルイボスティー!毛細血管を鍛える効果が!

→ ピーカンナッツが栄養豊富!くるみとの違いと効果的な食べ方!

 

 - スーパーフード, 美容・ダイエット ,