失明率1位の黄斑変性症ってどんな病気?予防法・治療法は?

      2016/07/21

目 瞳

最近、50才過ぎの方々に黄斑変性症なる目の病気が増えているそうです。

なんと、海外では失明率第1位!

日本でも、第3位という大注目の病気なんですね。

そんな、黄斑変性症について調べてみましたら、結構おそろしい事実が・・・

 

スポンサーリンク

失明率№1!黄斑変性症の原因と症状

海外では、実に失明率第1位のこの病気。

イギリスでは失明者の50が、この病気というから驚きです。

黄斑変性症とは、目の網膜の中心部にある、直径2ミリの「黄斑」部の機能が低下するために起こります。

 

こうなる原因は大きく2つに分けられ、一つは「老化」によるもの。

動脈硬化による血流低下が原因と考えられています。

 

もう一つが、「新生血管」によるもの。

毛細血管が目詰まりしたため、新しい血管ができるのですが、本来できないはずのこの血管は壁が薄く、すぐに破れて出血してしまうのです。

 

黄斑変性症になると、見るモノがゆがんだり中心がぼやけて視界がせまくなります。

両目で見ると違和感が無いため、気づかずに病状が進行することがあります。

病状が進行すると、視力が低下していき、失明することもあります。

 

黄斑変性症の自己チェック方法

画像の中心の点を、片目でご覧ください。

出典:http://www.kareiouhan.com/selfcheck/

出典:http://www.kareiouhan.com/selfcheck/

 

①部分的に線が曲がって見える

②部分的にゆがんだり、ぼやけてる

③格子が部分的に欠けて見える

 

このような見え方があれば、黄斑変性症の可能性があります。

眼科に行って調べたほうが良いでしょう。

 

【予防法】黄斑変性症にならないために!

サングラス ひげ おっさん

黄斑変性症は現在、特効薬がありません。

治療方法も決定的なものがないのが現状です。

 

目の黄斑部は、まともに紫外線を受けるため、活性酸素が発生し、黄斑変性症の原因となります。

 

対策としては、

①紫外線カットのサングラスをする。

②喫煙・飲酒を控える(活性酸素が発生するため)

③抗酸化作用のある栄養素の摂取(緑黄色野菜など)

 

特に③の、抗酸化作用のある食物ですが、代表的なのが緑黄色野菜!

中でも、カロテノイド系のルテインが多いホウレン草がおススメです!!

(ケールはもっと多く含まれてますが、日本では一般的でないので。)

 

実は、欧米各国の方に黄斑変性症が多いのは、野菜の少ない食文化と、目の色に原因があります。

日本人は目の色が黒く、紫外線の影響を弱めますし、食生活も野菜や穀類中心で、高脂肪の肉や乳製品をとる量が少なかったため、黄斑変性症は少なかったんですね。

ここ数年で増加してるのは、食生活の変化と紫外線が大きな要因でしょう。

 

決定的な治療法がない病気ですから、なるべくならないように。

健康に良いとされている、昔ながらの日本食を食べる!

疑わしい時は、さっさと眼科にいくのが最善策のようです。

 

次のおすすめ記事

→ 指定難病の方がつける「ヘルプマーク」とは?東京都内以外でも入手可能?

→ バイオニックレンズで視力3.0!?費用はいくら?日本で実用化は?

→ 花粉を食べて花粉症予防!?美容に効くビーポーレンとは?

 

 - 健康・医療 , ,