ゴジベリーの最も効果的な食べ方は?一日の摂取目安!

   

スーパーフードの「ゴジベリー」

実は杏仁豆腐によくのっている「クコの実」のことなんですよね。

ビタミン、アミノ酸、カロテノイドなどが豊富で、アンチエイジング効果が期待できます。

美容にとっても良いってことで、モデルのミランダ・カーさんも愛用しているスーパーフードです。

 

スポンサーリンク

ゴジベリー(クコの実)のすっごい美容・健康効果!中国では3000年も前から薬膳として食べていたよ!

クコの実

ゴジベリーは日本でいうところの「クコの実」

中国では「枸杞子」といって、漢方の滋養強壮の中薬として使われています。

中薬としての効果はこんな感じです。

・肝腎を滋補

・虚労、無力感、めまい、頭痛などの改善

・血糖降下作用

・抗脂肝作用

・利尿作用

 

漢方では、体を温めるものと冷ますもので、「寒・涼・平・熱・温」の5段階に分けられます。

枸杞子は「平」

穏やかながらも、熱を取り除き、体の中を温める作用があります。

冷え性がちな女性に嬉しい効果ですね!

 

また、ゴジベリーの栄養成分の特徴はこんな感じです。

・カロテノイド(抗酸化作用)が豊富

・ビタミンB1、B2、C、などビタミン類がバランスよく含まれている

・ポリフェノール類(タンニン、ルチン)も入ってるよ

・アミノ酸、鉄分やカルシウムといったミネラル類も!

とにかく、いろんな栄養素が含まれているんですね。

 

カロテノイドは、粘膜の健康に欠かせない物質。

キラキラお目目や口内炎に効果があります。

ポリフェノールはアンチエイジング

ビタミンCは美白効果

ビタミンB群、アミノ酸は美肌作りに必須ですね。

 

ゴジベリーの美容効果を最大限に利用する為の食べ方!

クコの実

せっかくなので、豊富な栄養素を余すとこなく食べつくしたいですよね。

そのための、重要なポイントは3つ!

・皮ごとまるごと食べる

・脂肪分と一緒に食べる

・水分と一緒に食べる

 

上から順番に見ていきますよ~。

 

まず、「皮ごと食べる」は、そもそも皮つきで乾燥して売っているので、クリアですね。

というか、皮と実を分離させるのは逆にむずい!

実である以上、皮にも栄養たっぷりです。

そのまま丸ごと、ぱくっと食べちゃいましょう!!

 

次に、「脂肪分と一緒に食べる」。

これは、カロテノイドは脂溶性ビタミンなんです。

よって、油と一緒に摂ると吸収されやすいんですよ~。

甘味と酸味があるので、戻して炒め物にちょっと入れても、赤が映えて綺麗ですよね。

 

最後に「水分と一緒に食べる。」

ビタミンCは、逆に水溶性ビタミンなんです。

そのため、摂りすぎても水分と一緒に体外に排出されるんで、多くとっても平気な栄養素。

ミランダ・カーさんのように、スムージーにして他の野菜と一緒に摂るのも効果的ですね。

 

カロテノイドとビタミンC、どっちを優先的に摂るかは、自分の体の状態と相談して決めたらいいと思います。

朝はスムージー、夜は炒め物とか、あと、スープでもいいですね。

お菓子に入れても、赤い色がアクセントで綺麗です。

 

摂取量の目安ですが、

10粒~20粒が適量です。

いっぱい食べればいいってもんじゃないです。

栄養は体内にため込めないんで、毎日きちんとしたものを、適度に食べるのがベスト!

たくさんの種類をちょっとずつ食べるのが、美容と健康のためなんですね。

 

次のおすすめ記事

→ ピーカンナッツが栄養豊富!くるみとの違いと効果的な食べ方!

→ 花粉を食べて花粉症予防!?美容に効くビーポーレンとは?

→ チアシードにDAIGOもハマる!効果的に食べる方法!

 

 - スーパーフード, 美容・ダイエット