塩フリージングのやり方!時短調理に重宝、キュウリなんかもOK!

   

塩

最近、塩フリージングなる保存方法があるそうです。

普通に冷凍するのと違って、塩を加えることにより、旨味が増したり、色が綺麗に保存できたりします。

浸透圧によって、水分の多い大根、キュウリなども冷凍保存できちゃうスゴ技です。

スポンサーリンク

塩フリージングのやり方~基本の野菜編~

野菜、ハート

まず、葉物野菜は塩茹でしてから冷凍します。

具体的な手順は、以下のとおり。

 

①沸騰したお湯に、3%の塩を加えます。1リットルなら、30g(大さじ2杯)です。

②葉物野菜ならば10~25秒ほど茹でて、冷水に取ります。

③水気をしっかりと取ります。

④使いやすいように、適当な大きさにカットしましょう。

⑤保存袋に平らに並べて、しっかりと空気を抜いて密閉します。

平らな方が早く凍るため素材の細胞を傷つけにくいのです。ストローを使えば、空気もしっかり抜けます。

解凍は冷蔵庫に移して置いておくだけ。

ゆっくり解凍したほうが、シャキシャキとした食感が残ります。

 

保存期間は2週間~1ヶ月くらい。

そのままでも食べられますが、さっと加熱した方が安全です。

 

根菜類やアスパラ、絹さやなども基本的には同様の方法で、茹でる時間が違うだけです。

ちょい固いかな?くらいに茹でるのがいいでしょう。

根菜類は解凍後、細胞が壊れるので味が染み込みやすくなりますよ。

 

塩フリージングのやり方~水分の多い野菜編~

野菜、きゅうり

例えば、キュウリとか白菜とか、一般的に冷凍には水分が多すぎて向かないと言われている野菜も、塩もみすれば冷凍できます。

 

①適当な大きさに野菜をカット。

キュウリなら薄い輪切り、白菜やキャベツは千切りにすると使い勝手がいいです。

②塩を振ります。目安は食材分量の1%くらい。

③少し置くと、水分が出てしんなりしてきます。軽く揉んで水気をしぼります。

④保存袋になるべく平らに入れ、空気を抜いて密封。冷凍保存します。

 

冷凍前に下ごしらえが済んでいるので、解凍すれば包丁要らずにすぐ使えて、時短調理になります。

余裕のある休日にまとめ買いして塩フリージングしておけば、節約にもなりますしね。

 

魚や肉類の塩フリージング方法

牛肉

魚は基本的に切り身の状態にしましょう。

魚・肉類は分量の1%の塩をまんべんなく振りかける、それだけです。

あとは、なるべく平らにして空気を抜いて密閉・冷凍。

 

1匹まるごとの魚を冷凍する場合、1%の塩水に一切魚をまるごと入れて、なるべく空気を抜いて密閉・保存します。

塩水ごと氷漬けにするってことですね。

 

今までは、魚や肉はそのまま冷凍してましたが、塩を振ることで旨味が増すとは・・・。

是非試してみたいと思います(^^)

 - フード・グルメ, ライフハック ,