初節句 男の子の鎧兜はお下がりでもいい?由来や基礎知識!

   

兜

子供が生まれて、最初に迎える節句が初節句です。

女の子は3月3日。桃の節句。

男の子は5月5日。端午の節句。

子供の健やかな成長を願って、パパママはもちろん、両家の祖父母や親戚、友人など大勢でお祝いすることもありますね。

でも、初めての節句だと意外に何を用意していいのか・・・?

マナー違反にならないように、基本的なところを押えておきましょう。

スポンサーリンク

男の子の初節句 基礎知識

koinobori

初節句は子供が産まれて最初に迎える節句で、男の子の場合は5月5日ですね。

産まれて直ぐの場合は、翌年に行います。

五月人形や鯉のぼりを飾り、ちまきや柏餅を食べ、家族や親戚みんなでお祝いします。

 

各家庭の事情もありますが、一般的に招待するのは以下のとおりです。

・祖父母

・親戚

・名付け親や仲人

・初節句祝い・出産祝いをお送りくださった方

 

お祝い返しは、いらっしゃった方には不要です。

おもてなしが、お祝い返しとなりますので。

出席されなかった方には、5月5日から一週間以内にお返しの品を送るのが礼儀です。

品物は紅白砂糖が定番ですが、最近はお菓子を贈る方が多いそうです。

のしは「内祝い」。水引は紅白ちょう結び。名前は子供の名前で贈りましょう。

 

逆に、招待される側のマナーとしては、お祝いの金額相場は以下のとおり。

・祖父母・・・2万円。もしくは五月人形などのお飾り。

・親戚・・・・1万円~2万円。

・友人・・・・5千円。

表書きは「御祝」「初節句御祝」。

水引は紅白か赤金の花結びか蝶結び。

 

お祝いとしては、鯉のぼりや五月人形などを飾り、柏餅やちまきを食べ、菖蒲湯に入ります。

菖蒲は飾ってもいいです。

菖蒲(しょうぶ)は、「尚武」「勝負」にかけて男子の健やかな成長を願いました。

また、香りが強く薬効もあり無病息災を願って菖蒲湯に入ったそうです。

 

五月人形や鎧兜は誰が買う?お下がりは可?

kabuto

桃の節句の場合は、母方の実家が雛人形を贈るのが習わしです。

端午の節句の場合は、特に決まりはありません。

特に今は住宅事情などもありますし、鯉のぼりがいいのか鎧兜がいいのか家庭の都合にもよりますからね。

お祝い金をもらって、パパママが購入するという家庭もけっこうあるみたいです。

地域ごとに風習があることもあります。

 

また、お飾りは鯉のぼり然り、鎧兜然り、結構高いもの。

鯉のぼりのことは「外飾り」といいます。

天の神様に知らせるために立てたと言われています。

要は目印ですよね。家には立派な男の子がいるぞ~と周囲へのアピールです。

 

対して、鎧兜は「内飾り」といいます。

戦場で身を守るものから、男の子を災厄から守る「お守り」としての意味合いが強いです。

そのため、一人に一つという考えが強いのですね。

ただ、特別こうしなければいけないという決まりはありません。

いいものを買って長く大事にし、祖父から父へ、父から子へ受け継ぐという考えも最近はありみたいです。

まあ、あんまり安っぽいものだとうまくないでしょうけど、アンティークのような立派なものだといいですよね。

 

端午の節句に食べるもの

kashiwamochi

関東は柏餅、関西はちまきが定番です。

最近はどっちも売っているお店が多いので、お好きな方でも両方でもいいですね。

 

柏餅は、柏の葉は新芽が育つまで古い葉が落ちないことから、子孫繁栄に繋がるとして食べられてきました。

ちまきは、中国で端午の節句である5月5日に作って親戚や知人に配るという習わしが日本に一緒に入ってきたためです。

 

他に端午の節句に食べたいものとしては、

・鯛・・・お祝いごとの定番。「めで鯛」から。

・筍・・・成長が早い。まっすぐ健康に育つように。

・豆・・・「マメ」に過ごせるように。

・カツオ・・・「勝男」にちなんで。

・鰤・・・出世魚。将来出世しますように。

・れんこん・・・穴がいっぱい空いてるから「人生の見通しが良い」。

・エビ・・・赤い色は生命力の象徴。

・赤飯・・・小豆には邪気を祓う力があるとされている。

 

あと、最近はちらし寿司を食べるところも多いですね。

単純に見た目が華やかで、子供が好きな食べ物だからってことで。

なんにせよ子供が主役ですから、主な食材は参考程度に、好きな物を食べたらいいと思います。

 

 - 季節のイベント ,