男女で違う!!心に残るクリスマスプレゼントの選び方!【彼女へ贈る場合】

      2016/03/26

プレゼント

クリスマスが近づくと、気になるのがプレゼント!

特に恋人やパートナーへのプレゼントって何を贈るか気を使いますよね。

誕生日とクリスマスは、絶対にはずすわけにはいきませんから。

では、女性っていったい何をクリスマスに貰ったら、喜んでくれるんでしょうか?

 

スポンサーリンク

女性がクリスマスに『恋人からもらいたいプレゼント』ランキング!

1位「身につけるもの(アクセサリーなど)」(31.6%)
2位「ペアのもの(ペアリング、ペアウォッチ、など)」(10.0%)
3位「もちろん愛! 気持ちだけで十分」(9.0%)
4位「手紙・言葉・一緒に過ごせる時間」(8.4%)
5位「旅行」(8.0%)

1位は断トツでアクセサリーですね。

まだ指輪を贈ってないのであれば、まず指輪と思って間違いないです。

女性からすれば、男性からのプレゼントはそのまま自分への評価です。

自分が相手にとってどれだけ大事なポジションにいるかの確認ですから、将来のパートナーへつながる指輪を欲しがるのは当然です。

 

すでに指輪を贈っているのであれば、アクセサリーを贈るのはリスクがあります。

なぜなら、身に着けるものですから。

自分の趣味に合わない物を贈られると、あなたへの評価が下がってしまうこともあります。

 

好みを知っているか、もしくは欲しいものが分かっていればアクセサリーは有効です。

そうでない場合は避けるか、一緒に買いに行くかした方が良いでしょう。

最悪なのは、まったく趣味じゃないものをプレゼントしてしまうことですから。

 

そういう意味では2位のペアリングなど、おそろいのプレゼントはハズレにくいですね。

おそろいのものを持つ=彼女が自分の恋人であることを周りに認識させることですから。

女性に安心感と信頼感を与える無難な選択です。

 

しかし、それでもある程度好みに合わせることは必要です。

アクセサリーというのは、とにかく気に入らないと身に着けられませんからね。

 

 

3位~5位は形のハッキリしない気持ちや時間が入ってます。

 

自分のために時間を割いてくれた

これが女性にはとても嬉しいのです。

女性は男性よりも相手と過ごす時間や、言葉によって繋がりを得ようとします。

例えば、一度「好き」と伝えてたとしても、ずっとそのあと意思表示されないと

「気持ちが離れた・・・?」と考えてしまうのです。

(男性は逆に一度「好き」と伝えれば、「嫌い」と言われるまで好かれていると思うことが多いです。)

 

そのため、クリスマスや記念日といったイベントで、あなたの気持ちを確認したいんですね。

その日をないがしろにされると、不安から怒ったりするのです。

ポイントは「一緒に過ごす」「好きという気持ちが伝わる」ことです。

「自分のために時間を割いて、いろいろ考えて頑張ってくれた」と相手が思えることが大切ですよ。

 

女性には『金額』よりも『サプライズ』

クリスマスプレゼントで気になるのは、予算ですよね。

調べたところ年代別で違うのですが、

・高校生 3000~1万円

・大学生 5000円~3万円

・社会人 1万円~5万円

といった具合でした。

もちろん、その人の経済力によって違うんでしょうけど。

クリスマスはちょっと奮発したという感覚でしょうかね。

 

それよりも、女性にとって大切なのは渡し方、シチュエーションです。

女性はサプライズが好きです。

とはいっても、別にケーキの中から指輪が・・・みたいなのではありません。

(人によっては、食品衛生上どうなの?と思う場合もありますしね。)

クリスマスという特別な日に、ほんの少しだけロマンチックに演出して欲しいのです。

 

では、その方法ですが、まずはプレゼント選び。

例えば、彼女とデートしてて「あれ、可愛い!」と言われたことありませんか?

その商品を覚えてますか?

 

こういうちょっとしたものを覚えてて、クリスマスにプレゼントされると

「可愛いって言ってたの覚えてたんだ。ちゃんと見てくれてるんだな~!」

って女性は嬉しくなります。

普段、素っ気ない人ほど効果は大きいです。

デートでの彼女の「可愛い」と言ったものはチェックしておきましょう。

 

次に、渡し方。

よくある手法ですが「ゲインロス効果」を利用します。

これは最初にがっかりさせておいて、あとから喜ばせるとすごく効果が上がるというものです。

 

例えば、プレゼントに小物入れをあげます。

「開けてみて」と言い、開けたら指輪が入ってた。

こっちが本命プレゼントでした~!

ってやつです。

 

実際に知り合いがやったのでは、小さなクリスマスツリーをプレゼントしました。

ツリーの枝に、実は本命プレゼントの指輪を引っかけてたんですって。

かなり喜ばれたそうです。

(とにかく指輪は事前にサイズなどの下調べが多く、その辺の労力も、女性が分かって喜ばれるみたいですね。)

 

他にも、クリスマスケーキをプレゼントして切り分けている彼女に、後ろからネックレスをかけてあげるとか。

 

ポイントは、一度期待を裏切って、(やりすぎない程度に)本命を渡す。

いつもより、ちょっとだけロマンチックにすることですよ。

 

予算内で最高に喜ばれるプレゼントを買う方法

最後に、あんまり予算が無いけど彼女を喜ばせたい方に。

予算内で一番喜ぶプレゼントの買い方をご紹介します。

 

それは、予算金額で買うには高すぎるものを選ぶことです。

 

例えば、予算が1万円ならアクセサリーではちょっとフツーですよね。

ですので、あえて1万円で手袋を買うとか。

手袋なら、かなり上質なものが買えますし、これからの季節に使います。

しかも毎日のように身に着けるものです。

 

これは、比較対象物を変えることで、良く見せる方法です。

バッグやコートじゃ1万円は安っぽく思われるかもしれません。

しかし、手帳や万年筆などの普段使えるもので、1万円なら高すぎるものを買うことで、すごく高価なものをもらったと錯覚(と言った語弊がありますけど)させることができます。

(日常で使いにくいものはNGです。例えば、1万円でドアストッパー貰ってもゴミ同然ですからね。)

 

あとは、女性限定ですが花束ですね。

1万円なら50本くらい買えるでしょう。

花束をもらって嬉しいと言う女性は8割。

一方で花束を贈ったことのある男性は5割程度。

「花束なんて、キザで恥ずかしい・・・」と思う男性が多いようです。

だからこそ、女性がもらって嬉しいんですけどね。

 

参考になったでしょうか?

女性にとってクリスマスや記念日というのは、相手との関係を知る大切な日です。

どんなプレゼント、どんな過ごし方をするのかで、どれだけ相手との絆があるのかを感じられるのです。

女性の脳は男性と違い『所有すること』よりも『関係すること』を大事にします。

ぜひ、恋人やパートナーと楽しい時間を過ごすために、労力を使ってあげてくださいね。

 

次のおすすめ記事

→ クリスマスまでに意中の彼・彼女と恋人になる【断られないデートの誘い方】

→ 『LOVE理論』で本当にモテる?女性が読んだ感想

→ ディグラム診断が当たる!性格占い?いや、「心理学✕統計学」の科学です!

 

 - ライフハック, 季節のイベント , ,