辛い!長野郷土料理「おしぼりうどん」の作り方!ねずみ大根の代わりは?

      2015/08/20

うどん

辛いうどんと言えば、カレーうどん。

いやいや、「おしぼりうどん」でしょ。

「おしぼりうどん」とは、長野県の郷土料理でつけつゆに、味噌と大根おろしという珍しいうどん。

温でも冷でも、美味しく食べられます!

スポンサーリンク

「おしぼりうどん」の特徴と魅力

「おしぼりうどん」は長野県は、埴科郡坂城町周辺の郷土料理。

大根おろしを布巾で絞ったしぼり汁を使うのが特徴で、「おしぼり」の由来にもなっています。

 

使う大根は、辛味が強烈な、ねずみ大根

ねずみ大根

 

ずんぐりした形に、ヒュッと伸びた根の見た目がねずみに似ていますね。

 

大根おろしの汁に、味噌を溶いて、薬味に葱や削り節を入れて食べます。

想像以上に辛いので、味噌を多めに溶くとまろやかになって食べやすいですね。

 

元々、囲炉裏があった時代にうどんを鍋に入れて囲炉裏に吊るし、それを囲んで。、器にひっぱり上げて食べていたそうです。

それ故、「ひっぱりうどん」の別名もあるんだとか。

基本は、温かいうどんですが、冷たいうどんでも美味しいですよ!

 

同じく長野県内の戸隠や千曲市では、

冷たい蕎麦を、大根おろし汁と味噌のつけつゆで食べる「おしぼりそば」があるそうです。

こっちも美味しそう!

 

ねずみ大根の代用品は?

食べられるお店ですが、長野県外ではほとんどありません。

都内に数軒ある程度。

長野に行って食べられたら最高ですが、家庭で作ってもいいですね。

 

作り方自体は難しくないですが、問題は「ねずみ大根」。

普通に八百屋で売っていないので、他の大根で代用します。

 

辛味大根と呼ばれるものがあれば、ベストですね。

辛味大根は、白くて普通の大根より小ぶりで短いものや、丸いもの、緑色のもの、赤いものがあります。

 

辛味大根

ただし、

同じ丸でも、聖護院大根ではないし、

同じ緑でも、ビタミン大根ではないし、

同じ赤でも、サラダ大根・紅芯大根・紫大根とは違うので要注意!

店員さんに辛い大根か、確認する方が確実です。

 

普通の大根なら、なるべく先っぽの方を使いましょう。

大根は上の青い部分が甘く、下の方が辛くなっています。

 

おしぼりうどんの材料(一人分)

ねずみ大根・・・2/3本分

(普通の大根なら、1/4本)

味噌・・・・・・大さじ1

かつお節・・・・大さじ1

葱・・・・・・・適量

う ど ん・・・・1玉

 

作り方

①薬味の葱を刻み、皿に盛っておく。

味噌、削り節も盛りつけておく。

②たっぷりのお湯を沸かし、うどんを入れ茹でる。

③うどんを茹でている間に、大根をおろす。

ガーゼでしぼり、汁を器にいれる。

④茹で上がったうどんを、器にとり、冷めないようにゆで汁を入れておく。

冷たいうどんの場合は、水で洗って皿に盛る。

⑤大根のおろし汁に、味噌と薬味をお好みで溶いて食べましょう。

 

ポイント

大根おろしは時間がたつと辛味が薄れるので、なるべく食べる直前におろすといいです。

大根おろし汁をたっぷりと、さらに辛味をだすために、「の」の字を書くようにして力強くおろしましょう。

 

こうすることで、たくさん水分が出て、辛味が水分に移ります。

逆に、大根おろし自体は辛味が抑えられます。

上下に素早くおろせば水分はあまり出ず、大根おろし自体が辛くなりますよ。

大根おろしは、おろし方で辛さが変わるんです。

 

大根の辛味成分は、健康効果がスゴい!

 

大根おろし

大根おろしの辛味成分は、イソチオシアネート

大根をすりおろすと、細胞が破壊され、イソチオシアネートが生成されます。

つまり、大根おろしにすることで、イソチオシアネートができるんです!

 

この、イソチオシアネートには抗酸化作用による美肌効果アンチエイジング

解毒作用、殺菌作用などによる食中毒予防抗炎症作用発がん抑制消化促進などなど。

様々な健康効果があると言われています。

 

大根おろしに医者いらず

という言葉があるほど、健康にいいんですね。

 

生の大根には酵素も多く含まれているのも嬉しいところ。

ただし、ビタミンC分解酵素も持っているのですりおろしたら、なるべく早く食べるのがいいですよ。

 

夏でも冬でも、美味しい大根。

その大根の汁だけを使うなんて、「おしぼりうどん」は贅沢品なのかもしれませんね~。

 - フード・グルメ , , ,