唐澤有弥 の曲と活動は次世代型!CD無しのアーティストがスゴすぎる!!!

      2016/03/25

唐澤有弥

“渋谷の兄貴”こと「唐澤有弥」さんを知ってますか?

「STREET POP」という新たな音楽ジャンルを生み出したアーティストで、

LIVE、SNSを通して圧倒的大多数のファンを持ち

芸能、モデル、業界人からの支持も強い超実力派。

曲はヒップホップっぽいんですが、ラップも歌詞も曲も歌唱力も素晴らしい!

渋谷発のまったく新しい文化を生み出し、

ほか同年代のアーティストとは一線を画す、まさに次世代のトップアーティスト!

今まで彼を知らなかったのは、自分がいかに時代遅れ(音楽というジャンルにおいて)かを、ものすごい勢いで気付かさせられ、目の覚める想いですよ。

今の音楽というか、日本のポップってこんな時代に入ってるんですね!!スゴい!!!

(トップ画像:http://matome.naver.jp/odai/2137922497626974801)

 

スポンサーリンク

唐澤有弥さんのプロフィール!

唐澤有弥(出展:唐澤有弥 – This Is My Home【PV】)

本名:唐澤有弥(からさわ ゆうや)

生年月日:1987年7月14日

出身:東京都

血液型:A型

 

育ちは蒲田ですが、渋谷のストリートで多感な青春時代に多くの時間を過ごしたそうです。

ホームは蒲田と渋谷。

2006年(18歳)から渋谷でライブ活動を開始。

最初はお客さんなんて、ほんの一人か二人。

そこから、どんどん仲間とファンが集まり

今や渋谷を中心に新たな音楽ジャンル「STREET POP」を確立

 

STREET=生き様を殴り書きにして叫んでいくSTYLE

 

彼の書く歌詞は、若者だけでなく、幅広い年齢層に響く。

だって、思い出が蘇るようだ!

なんで、こんなに素晴らしい曲と彼を今まで知らなかったのか・・・?

これだけの経歴を持ち、業界人にも支持を得ている実力確かなアーティストなのに・・・。

 

2011年~2013年

日本の伝統アニメ【メタルファイトベイブレード】のEDを2年連続担当
2012年

日本テレビ・日曜放送【新人アナの日進月歩】に出演。

大人気アナウンサー山本紘之、徳島えりかさんをFeatに迎えて

コラボ楽曲『上を向いて笑ってWe Go!』を全国リリース、主題歌を担当。

 

2013年

1月に自らが代表を務めるYK RECORDSを設立。

4月、西森英行さん演出、島谷ひとみさん、鈴木ちなみさん出演の舞台

『ディスワンダーランド』のRap指導を担当。

8月 キマグレン主催の音霊にLIVE出演。

(本人アメブロより)

 

 

唐澤有弥の活動が、次世代型!

今まで「唐澤有弥」を知らなかったとしたら、

それは、「音楽はCDとして買う」という旧世代の思い込みがあるかもしれません。

私は、そうです。

ダウンロードするけど、大好きなアーティストはCDを買う。

オリコンCD売上ランキング=音楽の人気、だと思ってました。

 

けど、彼の活動は、そんな旧世代的な方法ではなく

まさに新世代のやり方だったんです。

 

アメリカや韓国などでは、CDよりもダウンロードが主流、

日本はCDが売れる珍しい国。

ってことは、情報として知ってはいましたが

それを、これほど実感し、時代遅れという言葉を痛感しました。

 

唐澤有弥さんはCDを1枚も出していません。

 

youtubeには、彼のPVがいくつも上がっていて

何曲かあるのが分かります。

どれも、完成度は高く、メジャーデビューしてCDになってるのが当たり前と思います。

けど、CDを1枚も出していません。

デジタル・シングルのみです。

 

デジタル・シングルというのは、

iTunes やレコチョクなどで音楽をダウンロード形式で発売することです。

彼は、インスタグラムやツィッター、アメブロなどSNSを通してファンを獲得。

Youtubeで楽曲を流し、自分をプロデュースしてきたんです。

全て自分で。

そして、今や他人とコラボしたり、楽曲提供したり活動領域を広げました。

デジタル世代の、新しいやり方で。

 

今後、日本でもこのスタイルが当たり前になっていくのかもしれません。

彼は、その先駆けとなるのではないでしょうか。

もう、なりつつあるんでしょうね。

圧倒的な支持を集めてますもんね。

私のような音楽には疎い人間にまで存在を知られるくらいですから。

AKBメンバーは一人もフルネーム言えなくても、彼の名前は忘れませんよ、もう。

それくらい、強烈なインパクトがありました。

曲もそうですが、こんなやり方で有名になるアーティストが出てきたんだな、と。

テレビやCDからでなくて、ネットが主流になったと、本当に思います。

 

唐澤有弥の曲を買うには?

PV見て、CD欲しい!車で聴きたい!

そう思ったけど、無いんですよね。

買うには、今のところ iTunes で買ってダウンロードするしかないようです。

で、iTunes で曲を買うには、まず iTunes のアプリをダウンロードする必要があるわけです。

なお、今のところ3曲リリースされていました。

 

でも、ぜひコレを聴いて欲しい。

カマコレ(多分彼のホーム、蒲田コレクションの略なんでしょうね。)

この1曲で、唐澤さんの歴史が詰まっている気がします。

 

もし、アルバムが出たら、間違いなく買います。

本当に、スゴいわ、この人。

歌も、活動の広げ方も、本当に目からうろこ。

こんなやり方あるんだ!

もう生きている時代が違う気がします。追いつかなくては!

 

次のおすすめ記事

→ YouTube発「アゲインスト・ザ・カレント」メンバープロフィール!

→ 大島花子の歌が癒やされる…坂本九の娘は結婚してる?家族は?

→ オリラジ「パーフェクトヒューマン」作詞作曲は?RADIOFISHプロジェクトって何!?

 

 - エンターテイメント ,