ニタマ駅長?和歌山県貴志駅「たま駅長」代理・2代目ねこ駅長さん!

      2015/08/23

ニタマ駅長

ねこ駅長として、全国で愛された「たま駅長」が亡くなりました。

御年16歳。人間で言うと80歳以上。

ローカル線の名物駅長としてお客さんを集めた招き猫さん。

会いに行く前に亡くなっちゃったのか・・・。

もう、ねこの駅長さんには会えないのかなぁ、と思ったら

今は、二代目で代理駅長を務めている「ニタマ」駅長さんがいるそうです。

(トップ画像:http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/nagomi/web/nagomi22/tama_panda/index.html)

スポンサーリンク

和歌山県・貴志川線とは?

貴志川線ネコ車両

 

和歌山県和歌山市の和歌山駅から、紀の川市の貴志駅までを結ぶローカル線。

平成15年に南海電鉄が配線意志を表明し、平成16年から和歌山電鐵が引き継ぎ運営しています。

通称は「わかやま電鉄貴志川線」。

駅数は14駅で、内有人駅は2ヶ所。

 

地元の足として必要とされながらも、利用者の減少で廃線の危機に立たされました。

ねこの駅長が2007年に誕生し、話題とカワイイさで一躍人気者に。

その集客力で「招き猫」と呼ばれました。

2014年には路線利用者が227万人を記録しました。

しかし会社では、安定した経営のためには、250万人以上の利用が必要だそうです。

もうちょっとですね。

「いちご電車」、「おもちゃ電車」、「たま電車」などのかわいいラッピング電車を走らせたり

写真展に、たまグッズっといろいろな企画でお客さんを楽しませてくれます。

 

初代・たま駅長!

たま駅長

 

貴志川線が一躍全国に名を知られたのが、ねこの駅長がいる駅ということでした。

たま駅長は貴志川線貴志駅で駅長をつとめた、三毛猫です。

 

1999年に、隣の甘露寺前駅で生まれた4匹の内の1匹が「たま」です。

母猫は「ミーコ」というそうです。

ミーコとたまは貴志駅にある小山商店に引き取られました。

残りの兄弟猫たちは、それぞれ引き取られたそうです。

ミーコとたま、それに貴志駅前に捨てられた「ちび」の3匹が、小山商店と倉庫の間にねこ小屋を作って飼われていたそうです。

 

しかし、2003年に貴志川線が和歌山電鐵へ運営会社が変わりました。

その際、たま達がいたねこ小屋が公道として整備されることになり、立退かなくてはいけなくなってしまいました。

困った飼い主さんが、和歌山電鐵の社長・小嶋光信さん「猫達を駅の中に住まわせてもらえないか?」と相談したそうです。

そこで、小嶋社長が猫を駅長にすることを思いつき

2007年1月、たま駅長就任。

ミーコとちびは助役に任命されました。

 

2代目・ニタマ駅長!

 

タマ駅長とニタマ

2012年1月に、たま駅長の就任5周年記念式典で、「貴志駅長代行兼伊太祈曽駅長」として指名されたのが「ニタマ駅長」

「たまに似た二番目の駅長猫」ということで、「ニタマ」と名付けられました。

高齢になったたまの、補佐役として愛くるしく接客に努めていました。

 

公式サイトに、ニタマ駅長のシフトがありますが、たまが亡くなった現在は、基本的には貴志駅にいるようです。

月木がお休み。週休2日制ですね。ホワイト企業(笑)

ちなみに報酬は年俸制で、キャットフード一年分

 

たま駅長には、写真や動画でしか会えませんが、ニタマ駅長に会いに、ぜひ一度和歌山県貴志川線に乗ってみたいですね。

シフトチェックしてから行かないと!

 - その他 , ,