『ハリポタ』マルフォイ役トム・フェルトンが親日家で、いい人すぎる!

      2016/04/12

トム・フェルトン

ハリー・ポッターシリーズで、何かとハリーと対立する

デコッパチの小憎たらしい悪役・マルフォイ。

『猿の惑星・創世記』でもイメージからか悪役を演じています。

が、ご本人はすっごく謙虚で、いい人で、日本大好きなんです。

 

スポンサーリンク

トム・フェルトン プロフィール

トム・フェルトン

本名:Thomas Andrew Felton

トーマス・アンドリュー・フェルトン

生年月日:1987年9月22日 現在27歳

出身:イングランド ロンドンケンジントン

国籍:イギリス

身長:175cm

趣味:釣り

特技:テニス、サッカー、アイススケート、ローラーブレード、バスケットボール、クリケット、水泳

 

ハリーポッターシリーズは、作者のJ・K・ローリングさんの意向で

出来る限り原作に忠実に、キャストやロケ地もできるだけイギリスでっていうことがありましたから、

当然、トム・フェルトンさんも英国人ですね。

 

4人兄弟の末っ子。

1995年に国際的広告キャンペーンのオーディションに合格。

7歳の頃から、イギリスのテレビ番組で子役を務めてました。

14歳の時から、ハリー・ポッターシリーズで悪役「ドラコ・マルフォイ」を演じ

最終章まで出演し続けました。

ドラコ・マルフォイ

 

おかげで、彼のイメージはマルフォイの悪役。

MTVムービー・アワード悪役賞も受賞しています。

本人はいたって謙虚な良い人なんですが・・・。

 

2011年に『猿の惑星 創世記』にも三流悪役「ドッジ・ランドン」として出演。

猿の惑星

 

小物っぽい悪役を見事に演じきっていて、イメージ固定されちゃってる感じがします。

別のいい人の役も見たいんですが・・・小悪党が上手すぎますよ。

 

この先ずっと悪役をやらされる不安がないのかのインタビューに対しても

「自分自身とは違った人物になりきれるという点でも興味深い。

楽屋では良い奴なのに、カメラが回り始めた途端、憎たらしい人物に豹変するんだ。

やっていて楽しいよ。」

と、前向き。

 

ファンサービスもいいことで有名なトム・フェルトンさん。

350枚のサイン全てに、ファンの名前とメッセージを添えてあげるべく、ひたすら書き続ける姿に感動。

ファンを本当に大切にしてくれる方です。

 

歌も上手い、万能人間!

スポーツも万能なんですが、実は歌も上手いんです。

子供の頃、ギルフォード大聖堂合唱団に入団を勧誘されたこともあり、学生時代は学校と教会合わせて4つの合唱団に所属していたんだそうです。

 

「Feltbeats」の名前で歌手活動をしており、YoutubeにてMVを公開しています。

 

ハリポタで稼いだ金額は?

シリーズ通して、約300万ポンド(4億円)稼いだそうです。

「主にスケボー、服、家族と自分用のBMWを数台」に費やしたとのこと。

「気付いたら税務署の差し押さえに遭う寸前だった」

使いきっちゃったんですね~(笑)

 

ちなみに、マルフォイと言えば金髪オールバックのイメージですが、彼の地毛は濃茶色

地毛で街を歩いても、マルフォイだとは全然気付かれなかったそうですよ。

 

しかしながら、マルフォイを演じるため、ハリー・ポッターシリーズ撮影中の10年間は、ほぼ金髪にしていたそうです。

(そのせいで、ハゲ・・・いや、彼はいい人です。)

日焼け、スキーなどの危険なスポーツも禁止だったとか。

シリーズ物に出演するって、大変ですね。

 

エマ・ワトソンの初恋の相手

ハーマイオニー&マルフォイ

ハーマイオニー役のエマ・ワトソン、

実は初恋の相手は、ロンではなくってマルフォイ。

トム・フェルトンだったそうです。

「10歳から12歳までの間、トム・フェルトンに強烈な片思いをしていたわ。

朝、撮影に入る時コールシートをチェックして、彼と同じシーンがどれだけあるのか数えるのが楽しみだったくらい」

「悪役というのはすごく魅力的だし、彼は私より少し年上で、それにスケートボードを持っていたの。それだけで好きになっちゃったわ」

それくらい好きだったことは、トム・フェルトンも知っていたそうです。

「(トム・フェルトンは)他の人たちに『彼女は妹みたいな存在』だって言っていたの。それですごく傷ついたし、今でもそう感じるわ」

失恋しちゃったんですね。

 

時を経て、今はメチャクチャ綺麗に成長したエマ・ワトソンさん。

「トム・フェルトンとキスしたい?」という問に、

「12歳のときなら、もちろん!でも、21歳の今はノーね」

残念。あの時キスしておけば~なんて思っているかは分かりませんね。

 

トム・フェルトンと日本

トム・フェルトンさんは、ハリー・ポッターシリーズ主要人物で初めて日本の生放送番組に出演した方。

2010年に再来日し、ファンイベントを開催。

 

2011年の東日本大震災時には、『頑張れ日本!!』の文字と、直筆サインプリント入りのチャリティTシャツを製作・販売。売上を寄付。

また、被災地でのたんぱく質不足を聞きつけ、2000個の温泉卵を現地へ贈るなど積極的に支援活動をしてくれました。

2014年に再来日して、震災支援チャリティイベント・サイン会を開催。

「私は、2009年の初来日のとき以来、日本のファンの皆様の熱いお気持ちを感じ、どうしたら日本の皆さんとさらに近づき、そして何か自分にできることはないかと問いかけてきました」

と日本とファンに対する気持ちを語っています。

嬉しいですね~。

トミー・リー・ジョーンズさんみたいに日本のCMとかにも出てくれないかな~。

 

次のおすすめ記事

→ 【ファンタスティック・フォー】クリス・エヴァンスを知ったつもりになるトリビア!

→ 映画『セッション』の原題『WHIPLASH』の意味は?アカデミー賞3部門受賞作!

→ 日本愛あふれるディズニー映画『ベイマックス』!日米ポスターなぜ違う?

 

 - 映画あれこれ , , ,