「Dr.倫太郎」原作『セラピューティック・ケア』とは?青心海は精神科医?

      2016/06/09

堺雅人さん主演ドラマ『Dr.倫太郎』面白いですね~。

脚本は、中園ミホさんの完全オリジナルかと思ったら、実は原作小説があったんですね~。

(正確には、原案小説ですが、どう違うんだ?)

 

スポンサーリンク

原案小説『セラピューティック・ラブ』あらすじ

アメリカ帰りでセレブ専門。

メディアでも活躍の精神科医・日野倫太郎は、勤務する慧南大学医学部では理事長の寵愛を受け、世間の注目の的だ。

ある日倫太郎は理事長との酒席で、美しい芸者・夢乃と出会う。

夢乃は、極端な愛情不足からくる大きな心の闇を抱えていた。

倫太郎は理事長に頼まれ、夢乃を患者として診ることになったが、夢乃は倫太郎の治療で恋愛転移を起こし、情熱のまま激しく愛を求めてくる。

冷静に対応していた倫太郎だったが、いつしか医者の立場を超え、ひとりの男として夢乃のペースに巻き込まれていってしまう…。

(引用:http://www.amazon.co.jp/

 

おおよその設定や登場人物の名前は同じです。

小説に出ているのは、

・精神科医 日野倫太郎:堺雅人

・芸者 夢乃:蒼井優

・外科医 水島百合子:吉瀬美智子

・大学病院理事長 円能寺一雄:小日向文世

・精神科主任教授 宮川貴博:長塚圭史

 

謎の女(高畑淳子)さんや、看護師(内田有紀)さん達はドラマオリジナルのようです。

 

著者の「青 心海」さんは精神科医?

著者名は青心海(せい しんかい)さん。

あれ?せいしんかい?精神科医?

プロフィールには、雑誌記者から精神科医になったとありました。

やっぱり、精神科医なんですね!

今は都内で自費診療のカウンセリング・オフィスを開業しているそうです。

ということは、精神科医というよりカウンセラーよりなんでしょうか?

 

小説よりドラマ企画が先にあった?

本の発行は2015年3月21日

推測ですが、先に、ドラマの話があり、原案として小説を依頼されたのではないでしょうか?

 

というのも、小説の日野倫太郎のセリフに「倍返し」があるんですよねー。

「倍返し」といえば、堺雅人さん主演の大ヒットドラマ『半沢直樹』の名セリフ!

堺雅人さんが同ドラマに出演するのは、1月時点で発表されてましたしね。

 

ただ、小説のほうが若干・・・リアル。

患者との恋愛に落ちていくさまが、ちょっと官能的な描写もあって、ね。

ドラマの方が非現実的ながらも、エンターテイメント性は高い感じがします。

今のところは、ですが。

これから、ドロドロするんでしょうか?

 

まあ、ストーリーは原案だけあって、小説とドラマは違うようです。

小説を読んでしまっても、あまり差し支えなさそうですね。

 

ドラマの方でも「倍返し」出るんでしょうか?

他局だから無理かな(^^;)

ラストまで楽しみにしてます!

 

過去記事もどうぞ(ネタバレと推測多数ですが)

「Dr.倫太郎」コメディアンはタモリさん!?最終回はあの名言か!?

 

 - テレビ , , ,