映画『セッション』の原題『WHIPLASH』の意味は?アカデミー賞3部門受賞作!

      2016/03/25

ウィップラッシュ

予告を見てから、すっごく気になってる映画があります!

『セッション』。もとは『ウィップラッシュ』っていうジャズ音楽の映画なんですが、今回のアカデミー賞で3部門受賞してますね。

東北では上映している映画館が少なかったのですが、観に行って良かったです!

2015年間違いなくベスト5に入る素晴らしい映画でした。

今まで観た中でもベスト30位内に入ります!

 

スポンサーリンク

映画『セッション』って?ネタバレ注意!

ウィップラッシュ

セッションはジャズ音楽を題材にした映画で、2014年にアメリカのサンダンス映画祭という低予算の映画祭で、グランプリ観客賞を受賞した無名ながらも超話題作!

作ったのは、ダミアン・チャゼル監督

なんと彼はまだ28歳にしてこの作品を作り上げたんです。

脚本も自分で書いてですよ。

凄い才能です。ぜひ、見てみたい!(追記:観てきました!洋画ファンなら観たほうがいいです!!)

 

あらすじ

主人公のアンディ・ニーマン(マイルス・テラー)19歳が、名ドラマー、バディ・リッチに憧れ、一流ジャズ・ミュージシャンを目指します。

その夢を叶えるため、名門音楽校シェイファー・コンサヴァトリーに入学。

そこにいたのが、鬼指導者として有名なテレンス・フレッチャー(J・K・シモンズ)

 

“完璧”を求める狂気のレッスンがスタートし、アンディは精神的にも追い詰められていきます。

エリート志向に対する劣等感もあり、個人レッスンに没頭。

家族や恋人まで犠牲にしたあげく、スティックが血まみれになるほど練習します。

(狂気さはホラー映画以上です・・・。)

 

しかし、フレッチャーには過去の闇の部分があり・・・

 

みたいな内容のようです。

あんまり調べるとネタバレしちゃうのでやめときます(^^;)

(追記:だいたいあってましたが、予告編よりも美しく、狂気的でした。)

 

 

『WHIPLASH(ウィップラッシュ)』の意味は?

なぜか、邦題の『セッション』が不評なんですよね。

調べたところ、原題は『WHIPLASH(ウィップラッシュ)』

 

ウィップ=ムチ

ラッシュ=激しく叩く

ウィップラッシュ=鞭打ち

という意味になります。

 

実は、ジャズの有名な曲名でもあるんですよね、「Whiplash」

実際にXJAPANのドラマー、YOSHIKIさんが以前ムチ打ちになったこともあって、首に負荷がかかるドラマーの職業病でもあるようです。

 

これが、何か作品中で意味を持つのでしょうが・・・

日本ではあまり馴染みのない曲ですから、あえて、二人以上で演奏するということで『セッション』に変えたんでしょうか?

 

邦題といえば、フランス映画の『オーケストラ!』。

あれも、原題は『Le Concert(ル・コンサート)』で、そのままで良かったんじゃ?と思った映画でした。

映画自体は、とっても面白くてオススメです。

同じく、音楽を題材にした映画ですが、なぜ、邦題をあえて変えるんでしょうか?

しかも微妙に。

いっそのこと、単語を変えただけではなく『アナと雪の女王』くらい全くの別物なら・・・。

(アナ雪の原題は『FROZEN』)

 

まあ、実際に映画みないと

どっちがあってるかなんて分かりませんから、見てから感想追加したいです。

 

(観た感想:タイトルがメチャメチャ重要でした。

この映画のタイトルは「WHIPLASH」以外ありえません!

まだ観てないのなら、タイトルは「WHIPLASH」ということを念頭において観てください。とても重要なキーワードです!!)

 

邦題が秀逸な作品もあるんですけどね。

→ 映画『スタンド・バイ・ミー』を和訳すると?原題と邦題が違いすぎる映画たち!

アカデミー助演男優賞!J・K・シモンズとは?

 

J・K・シモンズ

映画『セッション』で鬼指導者を演じ、初のアカデミー賞を受賞した俳優さんですね。

アメリカ出身の現在60歳。

ベテラン俳優で、多くの有名作品に出ているので、見たことある方、多いと思います。

 

映画「JUNO」「スパイダーマンシリーズ」新聞社の編集長役の人です。ひげの。

海外ドラマにも出演しています。

映画スパイダーマン

 

ご自身も大学で作曲を学んだ経験の持ち主で、オペラに出演歴もあるそうです。

 

『セッション』は音楽を題材にした映画ですから、通じるところがあったのでしょう。

まさに、適役として見事、

アカデミー助演男優賞を受賞されました。

おめでとうございます!

 

予告では、そうとう鬼気迫る、怖い鬼指導者を演じられていますが

映画館のスクリーンで観ると怖いなんてもんじゃないです。

はっきりいって、ホラー映画より怖かったです!

だが、映画館で観る価値は十二分にありました。5000円でも観に行ってもいいくらいです!

 

2015年4月17日に日本で公開スタートだったんですが、東北に来たのは6月でした。

まあ、無名の映画だったから仕方ないんですが・・・。

DVD出たらもう一回観たいです。もっとじっくり観たいです!!

 

こっちも、オススメ映画~♪

→ 映画『オデッセイ』の意味は?原題『THE MARTIN』もイイよね!【ネタバレ】

→ 映画「アンドロメダ…」70年代マイナーでも、超オススメ!【ネタバレ】

→ 捕鯨は罪か?八木景子監督プロフィールと反証映画「ビハインド・ザ・コーヴ」ダイジェスト

 

 - 映画あれこれ , , ,