【ドラマ】柴咲コウ演じる、『〇〇妻』とは?リンゴの意味は?【ネタバレ注意】

      2016/06/15

明日、1月14日(水)から始まる柴咲コウさん主演のドラマ『〇〇妻』。

〇〇って何がはいるんでしょう?

そして、CMでも主題歌でも存在感を隠さない、リンゴ!

リンゴが意味するものって一体・・・?

 

スポンサーリンク

『〇〇妻』(まるまるづま)キャスト

 

ひかり:柴咲コウ

(正純の妻・○○妻)

プロフィール⇒柴咲コウのプロフィール!本名と母親との悲しい過去・・・

 

 

久保田正純:東山紀之

(人気ニュースキャスター)

 

 

井納千春:黒木瞳

(ひかりの母。ひかりの過去を知る女性)

 

板垣雅己:城田優

(ニュース番組のプロデューサー、恐妻家)

 

風谷愛:蓮佛美沙子

(ニュース番組 新人アナウンサー)

 

久保田実結:奥貫薫

(正純の姉)

 

河西美登利:渡辺真起子

(正純の姉)

 

久保田仁美:岩本多代

(正純の母。夫の作太郎とはうまくいっていない)

 

久保田作太郎:平泉成

(正純の父、妻に暴力を振るったり、家族とうまくいっていない)

 

柴咲コウさんは、映画やドラマも多く出演しています。

特に劇中で歌手として歌ったり、主題歌を担当したり、かなり大活躍されていますよね。

でも意外なことに、連ドラ初主演だそうです。

 

「ファンデーションは使ってません」のCMの頃から好きで、ほとんどの作品見ているはずですが気づきませんでした。

連ドラ初主演なんですね!おめでとうございます?

 

 

『〇〇妻』あらすじ

主人公のひかり(柴咲コウ)は、生活のすべてを夫・久保田正純(東山紀之)のために捧げる理想の妻。

 

ひかりの夫・正純はニュース番組「ニュースライフ」のメインキャスター。

歯に衣着せない発言で人気を博していた。

正純は、番組プロデューサーの板垣(城田優)から、正純のコーナーの視聴率が下がり始め、上層部が新企画を要求していると告げられる。

そんな中、正純の母・仁美(岩本多代)の喜寿のお祝いを開くことになった。

仁美と正純の父・作太郎(平泉成)、姉の美登利(渡辺真起子)、姉の実結(奥貫薫)が顔をそろえる。

ひかりは完璧にもてなし、家族は、ひかりの内助の功に感心するばかりだった。

 

その数日後、作太郎が脳梗塞で倒れた。

元看護師のひかりが応急処置をして、一命を取り留めたものの、意識不明の状態に。

さらに作太郎は巨額の借金を抱えており、家が抵当に入っていたことが発覚。

仁美は住む家を失ってしまうため、姉弟の誰かが仁美を引き取らなくてはならない。

仕事と家族の問題が持ち上がり、頭を痛める正純。

そんな夫をひかりは励まし、とんでもない行動を開始する。

そして、外から見れば理想の夫婦と思われたが、

実は2人の間には大きな秘密が…。

 

脚本が、最高視聴率40%を叩きだした『家政婦のミタ』遊川和彦さんですから、何かとんでもない仕掛けがあるのでしょうね。

 

『〇〇』に入る言葉

 

気になるのは『〇〇妻』の〇〇に入る言葉。

当然、ひかりの秘密に関する言葉でしょう。

 

キーパーソンは、唯一ひかりの過去を知る、ひかりの母親・井納千春(黒木瞳)

 

どこで見たか忘れましたがひかりに妹?がいるみたいな映像があったような・・・。

ひかりは元看護師ですし、病院勤務時代に、何かあったのでしょうけど。

それを知るのが母親ってことは、身内に関する何か?

例えば、正純の本当の結婚相手がひかりが原因で亡くなって、代わりに結婚?

〇〇に入るのは『偽装妻』とか?

 

まあ、勝手な想像ですけど。

きっと複雑なギミックが用意されてるんでしょうね。

ワクワクします。

 

『リンゴ』が表すシンボル

 

もう一つ、謎を解くヒント?になっているのは、やたら存在感を出す『リンゴ』です。

CMでも、白無垢姿の柴咲コウと、リンゴ

予告編でも、柴咲コウが両手で大事に握りしめているのは、リンゴ

主題歌は、熱烈オファーを受けた、椎名林檎さん。

 

ここまで、リンゴが主張されてたら、嫌でも気になります。

 

リンゴが表すシンボルと言えば、キリスト教の『知恵の実』がパッと浮かびますね。

善悪を知る、禁断の果実。

 

また、アップル社のロゴでもあります。

 

さらに、ニュートンが万有引力の法則に気づいたのも、リンゴが落ちたのを見て。

 

知性を表すシンボルとして、リンゴなんでしょうか?

 

一方で、女性の性的特徴のシンボルともされています。

愛情の象徴でもありますし。

白雪姫にも、毒りんごが登場しますね。

北欧神話では不老不死の源でもあります。

ギリシャ神話では、女神三人がリンゴを巡って争います。

 

リンゴが表すシンボルは知恵、生命、愛情、原罪、美 などなど。

原罪の象徴であり、愛の象徴でもあるので、やっぱり『〇〇妻』は、何か罪を背負ってでも、愛を貫いているんじゃないのかな~って思います。

愛って時に怖いものですしね。

 

せめて、主題歌の歌詞が分かればヒントがあるかと思ったのですが。

主題歌『至上の人生』は、先行配信もドラマと同じ1月14日から。

徹底して、秘密にされていますね・・・。

これは、ドラマを見せるための戦略なんでしょうか?

まんまと、嵌められて見るんですけどね(^^;)

 

 

 - テレビ , ,