カペ・アラミド?コピ・ルアク?世界一高いコーヒーはどっち?驚愕の正体は・・・

      2016/07/21

コーヒー豆

世界一高いコーヒーといえば『コピ・ルアク』だと思っていました。

ですが、今日の『あり得ない商品 売れる?売れない?』で世界一高いコーヒーが紹介されていました。

その名は、『カペ・アラミド』。

え?どういうこと??

記憶違いか、新たに高いコーヒーができたか?

真相を確かめます!

 

スポンサーリンク

『カペ・アラミド』と『コピ・ルアク』の違い

さて、世界一高いコーヒーはどっちでしょう?

答えを言ってしまえば、

『カペ・アラミド』です。

 

実は、どっちも同じコーヒー豆なんです。

違うのは採取地。

 

インドネシアで採れるのが、『コピ・ルアク』。

「コピ」はインドネシア語でコーヒーのこと。

 

フィリピン産が『カペ・アラミド』。

「カペ」がコーヒーという意味です。

 

 

では、なぜフィリピン産の方が最高級になるのか?

 

インドネシアの『コピ・ルアク』は人の手で生産されています。

フィリピン産『カぺ・アラミド』は天然。野生のものです。

よって、フィリピン産の方が稀少性が高く、値段も高いんですって!

 

『世界一高いコーヒー』の驚愕の事実!!

では、この2つのコーヒーがどうして高いのか?

それは、数が圧倒的に少ないからです。

レアなんです!

 

なぜ、少ないのかというと、このコーヒー豆は木からは採れないからです。

 

 

木から採れないってどういうこと?

 

 

実は、カペ・アラミドもコピ・ルアクも

ジャコウネコという、動物から取り出します。

出典:http://alamidcoffee.net/jakou-coffee/

ジャコウネコ 出典:http://alamidcoffee.net/jakou-coffee/

 

コーヒーの木の熟した実を、ジャコウネコが食べます。

果肉部分は消化吸収されますが、種部分」=「コーヒー豆」はそのまま糞として排出されます。

ジャコウネコが一度食べることで、発酵カフェイン減少天然アロマが付随されます。

結果、甘くて美味しい、フルーティーな香りのコーヒーができるそうです。

 

もちろん、糞から採取されたコーヒー豆はキレ~イに洗浄されてますのでご安心を。

 

カペ・アラミドは野生のジャコウネコから採取してます。

コピ・ルアクはジャコウネコを飼育し、餌としてコーヒーチェリーを与えています。

よって、天然のカペ・アラミドの方が、高値で取引されるというわけです。

あと、アロマが違うんだとか・・・。

 

コピ・ルアクなら、日本国内でも飲める店があります。

ネットでも販売されていることがあります。

 

味はスッキリしていて、酸味とコクのバランスが良く、野性味も感じさせる味わいで美味しいそうですよ。(飲んだことないけど。)

 

世界には、まだあった!動物の糞から採ったコーヒー

じゃじゃ~ん、もっと高いコーヒーがあるとの情報をキャッチしました。

それはタイにある、「ゾウのコーヒー」

象のフンからコーヒー豆を取り出したものです。

稀少性が極めて高く、高値で取引されているんだとか・・・。

 

さらに、台湾やアフリカにはモンキーコーヒー」なる、猿の糞から取り出したものもあるそうで

世界は広いな~と思うばかりです。

 

ちなみに、ジャコウネコのコーヒー『コピ・ルアク』は、モーガン・フリーマン主演の映画

『最高の人生の見つけ方』にも登場します。

出典:http://organic-luwak-coffee.com/?p=187

出典:http://organic-luwak-coffee.com/?p=187

 

いい映画ですよ。よかったらご覧ください(^^)

 

次のおすすめ記事

→ コーヒーで血栓予防!インスタントでもOK!さよならドロドロ血液

→ 映画『セッション』の原題『WHIPLASH』の意味は?アカデミー賞3部門受賞作!

→ 『ハリポタ』マルフォイ役トム・フェルトンが親日家で、いい人すぎる!

 

 - フード・グルメ , , ,